さようなら2016年

すさまじく放置されている当ブログですが、
決して「ブログやめました」ではありません。

書きたいことがありすぎて破裂してしぼんでいるだけです。
(空気を入れすぎた風船を想像してください)

本日は、諸々の書きたいことは一旦置いといて、
節目ですし、振り返ってみようかなーと思った次第。

毎年思うけど、2016年も一瞬で過ぎ去りました。
神が時間を早送りしているのではないかとヒッソリ思っています。

今年いちばんの大きな変化は、2月から仕事始めました(°∀°)b
だいたい週2回くらいのペースで働かせてもらってます。

「娘ちゃんが3歳になるころ(6月)にはお仕事始められたらな〜」などと思っていたんだけど、
ご縁があり、いいお話をいただいたので、挑戦してみることにしました。
毎回ドキドキしたり、失敗して落ち込んだりすることもありますが、
職場の方にも恵まれて、楽しくお勤めさせてもらってます(^~^)

あとは、5〜6月に日本、10月にインドネシア(バリ島&ジャワ島)
と1年で2回も旅行に行けました。
どちらもとっても楽しかった!いい思い出できました。
(帰国後はいつもにも増して極貧でヒーヒーですけど)

11月には、予想外の引越しをしなければならずパニックになっておりました。
インドネシア旅行中に、お家の水道管が破裂して、家中水浸し。
大掛かりな修理が必要となり、もう住めなくなってしまったのです。
大変だったけど、新しいお家&住んでる場所もとっても気に入っているので、
いまはハッピーです(^∇^)

大きな出来事はそれくらいかな?

あとは…ちょっと暗い話題だけど…

4月に、お姉さんのように親しくしていた方の訃報が届き、不安定になったりもしました。
なにをしていてもふいに涙が溢れてきて、どうしていいかわからない日々。
思い切って、(勝手に)慕わせてもらっているKさんに胸の内を打ち明けたら、

「いまは、悲しみに溺れているんだね」

と言われ、そのひとことがストンと腑に落ちてきて、
「そうか、自分はいま『溺れて』いるんだ」と、
自分の感情に名前がついただけで、ずいぶんと救われました。

いまでも、まだ完全には元どおりというわけにはいかないんだけど、
(ついおとついも、彼女に少しだけ雰囲気が似ている女性を見かけて、
思わず声をかけそうになり、彼女なわけがないという事実に涙が溢れてきました)
元どおりにはなれないか。それに、なる必要もないのか。

今年ではないんだけど、2012年6月の死も、しかり。

それは、いまでも仲間たちを苦しめているという事実を改めてつきつけられた11月。
やるせなさとか、くやしさとか、いたたまれなさとか、もちろん悲しみ、怒り。
いろんな感情がどわーっと、押し寄せてきて、これまた溺れる私。

両方とも、こういうことは、日にち薬といいますか、
ムリに忘れようとしたりせず、少しずつ消化していけたらと思っています。
ここでいう「消化する」の意味は、「なかったことにする」ではなくて、
「それも含めて自分の一部として持ち歩く覚悟」のようなものかな?と思っています。

楽しいことも、悲しいことも、なんだか振り幅が大きかった1年だったなーと感じるわー。

あとは、毎日同じことの繰り返しだけど、
そういうことを「幸せ」と感じて生活していました。

旦那さんも、娘ちゃんも、私も、元気で、よく食べ、よく眠り、よく笑い、
大きな怪我や病気もせずに1年を過ごせたことを、本当に感謝しています。
(しかし、ここ年の瀬に来て、おっかあ再びのぎっくり腰してますけどね)

まわりの方々にもたくさん助けていただいた1年でもあります。
(今年だけじゃないけど。いつもだけど)
みなさん、本当にありがとう。

そういや、年越しそばも、おせちもなにも用意していない、と、
今日なぜか急にアセッて、アジアンスーパーマーケットで日本の食材を買い出し、
夜は和食にしてみました。
e0138350_21584725.jpg
そして気づく、これはただの和食で、
大晦日感も、お正月感も、そのどちらもないということに…。

いいんです。おいしくできたし。
久しぶりに食べたこんにゃくおいしかったし。
あと、切り餅も買ったんで、明日焼いて食べます。
それで我が家の正月は終わりです。

来年の手帳とカレンダーは購入済み。
e0138350_21584738.jpg
カレンダーは$2の安モン。いいの。予定が書ければいいの。
手帳はDAISOで。¥100じゃないけど。いいの。
スケジュール帳じゃなくて、ただのノートにしました。
書きたい日だけ書けばいいやと思って(笑)。

2017年はどんなことが書き込まれていく1年なのかな。わくわく。

我が家に関わってくれたすべての人にありがとう。
来年も親子3人、よろしくお願いします。

みなさま、よいお年を〜!(´∀`)

[PR]

by dorae-42 | 2016-12-31 22:55 | つぶやき | Comments(0)

ライフハック<たまごとうどん>

ライフハックって、最近よく目にするようになった言葉だよね。

「おばあちゃんの知恵袋」

的な意味にとらえてますが、合ってますか?

横文字、イマイチ苦手です。

「サステナビリティ」とかも、未だにボンヤリとしかわかってません。

そんなライフハックネタ。
FacebookとかTwitterが普及して、
いろんなサイトや記事がシェアされることで、
私のような検索オンチでも、ステキな情報を得ることができています。
シェアしてくれたみなさん、ありがとう。

たいがい「へぇ〜」で終わるんだけど、
実際やってみたいなと思って、実際これはいい!と思った
2種類のライフハック。

1コはたまごのカラが簡単にむける〜というやつ。

たまごゆでたら、小さいお鍋かタッパーにたまごとお水を少し入れて、
フタをして前後左右にふる(上下にはふらない(はず)
e0138350_19535033.jpg
そうすっと、ベロンとむける。
e0138350_19535045.jpg
ワタシ、ゆでたまご好きなので(板東英二ほどじゃないけど)、
けっこうゆでてる(つかたまごならどんな調理法でも好きなんだけど)。

そして、いつもカラむきでイライラしてたので、
カラむき系ライフハックはいくつか試したことあるんだけど、
いまんとここれが最強最速。

もう1コは、うどんの保存方法。

うどんっつーか、まっすぐタイプの袋入り乾麺ならなんでもいーんだけど。

いままではこうやって保存してました。
e0138350_19535092.jpg
でも、ゴムで巻きにくいし、
袋の巻ける部分が短すぎて、全然留められない(-""-;)
ということもたまにあって。

うち、アリとかGBとか、虫が多いから、できれば食品の袋は閉じて保管したい。

したらね、タテに切り込み入れるといいんだって。
e0138350_19535000.jpg
横に切ったときより、少し出しにくいんだけどね。

んで、丸めて麺ごと留める。
e0138350_19535006.jpg
おお〜!カンタン!しかもちゃんと閉じられてる!

なので、我が家はタテ方式に変更しました。

とっても便利なので、知らなかった方はぜひためしてみてくださいな〜。
どこで見た記事なのか、元ネタ覚えてなくてすんまへん(。・ε・。)

[PR]

by dorae-42 | 2016-01-22 20:07 | つぶやき | Comments(0)

癌に関するあれやこれ

私、北斗晶の現役時代、しょっちゅう試合を観に行ってた。
あの人は、ホントすごい。

肩脱臼して腕ブラブラで、頭から流血もしているような状態なのに、
満身創痍で神取に向かって行く姿とか…(←思い出して泣いてるとこ)。

そして、ヘルレイザーズファンでもあった私は、
北斗と健介が結婚したのが、なんだかとてもうれしくて、
北斗がお母さんタレント(っていうジャンルでいいのかしら)となったいまも、
北斗&健介をヒソカに応援している。
↑文頭に北斗続きすぎ。

(全女も新日も観に行ってたけど、私の青春団体はW☆ING、みちのく、バトラーツ!
当時は節操なくいろんな団体の試合行きまくってた〜なつかし〜!)

なので、このたびの北斗の乳癌のニュースは、ビックリ&ショック。

同じ時期に川島なお美さんが癌でなくなられたのもあって、
Facebookのタイムラインとかに
「がん」とか「癌」とかいう文字が、
すごくたくさん出るようになった。

「乳癌検診(マンモグラフィー)受けたから癌になった」とか、
「抗癌剤治療は受けるべきではない」とか。
「体温をあげて癌予防を」「オーガニックのお肉を食べてればいい」
「断食で癌を治す」エトセトラエトセトラ。
自然療法派?の方のいいぶん。

かと思えば、川島さんが抗癌剤治療を受けていなかったことに対して、
「きちんとした治療を受けていればもっと長生き出来たのに」とか、
医療信仰派?の方のいいぶん。

(全部記事を開いて見たわけではないし(タイトルだけ見た)、読んだ記事もURL保存してないので、
言い回しとか、あいまいな記憶が頼りなんだけど、だいたいそんなかんじ)

北斗ファンの私としては、
「乳癌の原因はマンモ…」みたいなのを見るたび、
「もしこれを北斗が読んだら、悲しい気持ちになるのではないか…」

「手術は寿命を縮める」とか「放射能治療で殺される」みたいのを見ると、
「もしこれを北斗が読んだら、不安な気持ちになるのではないか…」と
勝手にハラハラしたり悲しんだりしているのである。

一方、私の中では
「ワインと犬がお好きで、パティシエさんと結婚した女優さん」
程の認識しかない川島さんに関しては、
「自然療法が寿命を縮めた、かわいそう」みたいな記事を読むと、
「本当にかわいそうなのか?ご自身がそう決めたのではないか?
たしか、旦那さんが
「彼女は最後まで『川島なお美』でした」
と言っていた記事を読んだ気がする。
抗がん剤治療で髪が抜けたりして
舞台に立てなくなることのほうが彼女にとって辛かったのでは?」
と、想像でしかないんだけど、そう思ってみたり。

でも、最近の「癌」に関する記事やトピック、
なんだか、不必要にヒートアップしている気がするし、
意見の違う人を否定しまくっている印象。

「マンモに行くなんて自分から癌になっているようなもの!乳もんでれば癌にならない!」、
「抗癌剤治療を受けるなと言っている自然療法派、
そんなに自然自然言うんだったら、電話もネットも全部やめれば?
昔の人みたいに暮らせば?寿命30年くらいだから癌にもならないよ」
などという記事もあった。

マンモで乳癌になることもあるかもしれない。
けど、北斗の癌がマンモが原因って、100%証明することはできる?

川島さんが、もしも抗癌剤治療を行っていたら長生きできた、
という証明はどうやったらできる?

なんで傷つけ、攻撃し合わないかんの。
お互いのいいとこ尊重し合ったらいいやん。

と、なんだかモヤモヤする日々。

そして、やっぱりFacebook上で見つけた記事。

そこから遡って読んだ『万能ではないから』に共感。

(私はこの記事を読むまで香西さんのことを知らなかったんだけど、
ご自身も昔癌で、治療をされてた方なのかな?)

自然療法も、科学的療法も、自分がやりたいこと、信じることをやったらいいし、
自分で選ばなかった方法をよしとしている人に対して、
「間違っている」とか「こっちのほうがいい」とか、押し付けたらいかんなーと思う。

うちは、旦那さんがわりと自然療法派で、普段から予防につとめ、
体にいい食事とライフスタイルをすることを心がけている。
私も、そんな旦那さんと結婚して、さらに子供が産まれたことで、
そういうことに興味がわいてきて、取り入れられることは取り入れている。

添加物はなるべく避けるとか、オーガニックの野菜や果物を買うようにするとか、
体にいいものを食べて、まずは病気や体調不良にならないように。
風邪などをひいてしまったら、ケミカルな薬よりはちみつ大根作って飲むとか。

けど、どんなに体によくても、苦い菜っ葉とかは食べたくない。
ジャンクフードも好きな私は、それを食べないことで逆にストレスを感じるし。
「健康になる食生活」がもとでイライラするのは本末転倒!と、
あまりかたくなにならず、「楽しい食生活」をモットーしている。

例えば、うちはどうしても玄米のみのごはんをおいしいと思えない。
でも玄米は体にいいと聞く。
だから、白米2合+玄米1合に、
Quinoa(キヌア(キアヌ)/アワみたいなの)を入れたのが我が家の定番ごはん。
それじゃ意味ない?
でも、食べてる本人は「白米だけより体にいい〜♡」と思っているので、
気分もいいし、ハッピー。しかも、おいしいと感じながら食べている。

そして、オーガニックものは高いので、全部をオーガニックにするのは不可能だから、
お財布と相談しながら、ムリしない範囲で、続けられる範囲で。

薬も、飲んだほうがいいな、と思うときは、ためらわず飲む。

それが我が家が(いま現在のところ)「信じている」やり方。
なにか「これはいい!」と自分たちのアンテナにひっかかれば臨機応変に対応して、
現在の方法に固執せず、新しいことにも挑戦していけるように、というのが目標。

そして、違う生活習慣のお友だちのこともリスペクト。
だし、
リスペクトしてほしい。

そんなふうにシンプルでいいのではないでしょうか?と思ってみたりしています。

では、自分が癌になったとき。

どういう選択をするか???

全く想像がつかない。

でも、よくばりだから、自然療法も科学療法も両方やってみよう、って思うかも。

そのときの年齢にもよるだろうし。

もし明日「あなたは癌です」って言われたら、抗癌剤はわからないけど、手術はすると思う。
もし90歳くらいで癌になったら、辛い手術や抗癌剤治療をするくらいなら、
痛み止めだけでいいので、ラクに死なせてください、って言いそう。





私はなんとなく、北斗は完治して元気になるような気がする。

それは、彼女自身が体力のある女性だということ、
(機会があって、全女に一日入門したことのある私は、
彼女たちが毎日どんなハードなトレーニングをしているか身をもって知っている…)

家族が彼女に寄り添い、支えてくれていること、
(健介なんて頼りがいありすぎでしょ!あの笑顔だけでも治癒力ありそうだし)

なにより、ブログを読んで彼女と家族の全員が、
彼女の主治医を心から信頼していることが伝わるから。

どんな治療でも、自分が信じているかどうかがいちばん重要だし、
いちばん効き目もあるのでは?と思う。

自然療法も、化学療法も、その両方をしている人も、
どれが正解で、どれが不正解とかじゃない。

自分が信じた方法でがんばって治療を受けている人を、
うちは全力で応援しようと思います。

[PR]

by dorae-42 | 2015-10-09 16:27 | つぶやき | Comments(0)