「ほっ」と。キャンペーン

豊年祭

豊年祭は五穀豊穣に感謝し、豊作を祈願するお祭り。
旗頭に行列に奉納芸能に…
地元の人たちがひとつになって作り上げるお祭りは、
パワーに溢れていて、見ているだけでちむどんどん(胸がドキドキ)。
大好きなイベントのひとつでした。

中でも大好きなのがミルク神。
この時期、ワタシはミルクさまの追っかけになります。

ミルク…可愛い名前。
以前、ミルクという真っ黒な犬を飼ってたこともあり、
ワタシには親しみのある名前。
しかし、れっきとした神様なのです。

海の向こうから五穀豊穣、幸福をもたらしてくれるんだって。
あと、竹富では子孫繁栄の神様でもあるって聞いたことあります。
「弥勒」と書かれているのを見たこともあるから、
弥勒菩薩ともなにかご縁があるのかなぁ?
例によってくわしくはわからないんだけど、
福福としたオーラ、おだやかなまなざし、ゆっくりとした動作…
そのすべてがアタシの心をつかんで離さないのです…(‐^▽^‐)

2009年は4か所の豊年祭を見学してきました。

☆7月30日(木)/大浜☆

↓行列の最中、こんなゆるいキャラがいきなり飛び出すのも石垣ならでは(?)で好きなのだ(*゚ー゚*)
e0138350_17442966.jpg

大浜豊年祭で鳥肌が立つほど感動したのは、ツナノミン(名前合ってるかな?)。
夕暮れから夜に移り行く空の下、
たいまつとたくさんの人の声、旗頭。
もう圧倒されまくりでした!
e0138350_17472157.jpg
e0138350_17473649.jpg
e0138350_17475421.jpg

↓ふとみあげれば満月。豊穣の願い、きっと月まで届いたはず!
e0138350_17485738.jpg


☆8月2日(日)/黒島☆

↓砂浜にテントとシート、抜けるような青空のもと、海をバックに行われました。
e0138350_1751135.jpg

↓ハーリーに、奉納芸能に、盛りだくさんの内容。
e0138350_17522729.jpg

e0138350_17531732.jpg

なんでも、前年は台風で中止になってしまったそうで、
島民のみなさんのなみなみならぬ気合いを感じました。

↓奉納芸能で楽しかったのは、名前忘れちゃったんだけど、男の人が女の人にアタックして、邪険にされてもめげずにがんばり、最終的にカップルになっていく…というストーリーの踊り。コミカルな動きがおもしろかった(^-^)
e0138350_17551641.jpg
e0138350_17553419.jpg

↓棒術もありました。かっこよかった!
e0138350_1756359.jpg
e0138350_17565323.jpg

↓そして、ミルク様登場! ふと暑さも忘れ、時が止まってしまったような、とても不思議な感覚でした。ワタシがいるちょうどまえを通るときの、海とミルク様の横顔の写真、大好きな1枚。
e0138350_180139.jpg
e0138350_1801727.jpg
e0138350_1803466.jpg

↓ちなみに、この日のランチはお友だち手作りの具だくさんサンドイッチ。海で食べるごはんはまた一段とオイシー!( ̄▽+ ̄*)
e0138350_1815757.jpg

↓ぜんざいをおすそわけしていただきました。ものすごく暑い日だったから、冷たい甘味、もうサイコーでした☆☆
e0138350_183132.jpg


☆8月14日(金)/白保☆

↓ミルク様が集落をまわるところから見学(^-^)。三線の音色と歌が白保の集落の風景とピッタリ合っていて、これだけで「来たかいあった!」と思えるほど、よかった!
e0138350_1853874.jpg
e0138350_1855727.jpg

↓白保は旗頭がたくさんあったイメージ。チビッコ旗頭も登場なごむなぁ〜(*^▽^*)
e0138350_188434.jpg
e0138350_1883134.jpg

↓ミルク様が御嶽に登場。遠目に見てもいいですね…ご利益ありそうだわ〜。
e0138350_18102555.jpg
e0138350_18104358.jpg

↓カラダは雑なのに、なぜか顔が本物に見える牛のハリボテも登場。ほほえましい(笑)。
e0138350_18115252.jpg

長丁場なうえ、ちょっと人の多さにやられてしまい、
このあと、少し会場を抜け出し、海岸でひとやすみ。

↓キレーな空をのんびり眺めておりました。
e0138350_18131263.jpg

↓ちなみに、どんくらい人がいたかというと、こんくらいいた。人いっぱい!の雰囲気伝わるかなぁ?
e0138350_18141870.jpg

ビギリ神、ブナリ神など、一度お目にかかりたい神様が出てきたり、
大綱引きがあったりと、まだまだ楽しそうだったので、
夜にもう一度戻ってみたけど、さらに人が増えてて、
残念ながら見ることができませんでした。

うちの中の白保のイメージは、古い古い伝統ある集落。
だから、この人の多さも「さすが白保!」とみょーに感動したのです。
ぜんぶ見れなかったけど、ミルク様も2度見れたし、満足満足。

↓座ってたとこのそばの木で、こんなオッサンみたいな顔した虫にも会えたし(笑)。
e0138350_18181497.jpg

次の15日は、四ケ字の豊年祭。
自分が住んでいる地区だし、大綱引きもツナノミンも大迫力だし、
すっごく楽しみにしてた!…のに〜…
ホントは7日にやるはずだったのが台風で延びたこともあり、
なんだか去年と時間が違ったみたいなのです。
「まだ始まんないだろ〜」と
お家でテレビ観てるうちに終了してた今年の四ケ字…(  ゚ ▽ ゚ ;)
ああ……無念……・°・(ノД`)・°・
ちなみに、四ケ字の豊年祭はこんなかんじです。

4か所行った豊年祭、紹介できるのはこの3か所だけ。
ここに出てきていない1か所、それは「密祭」でした。
ご縁あって、見学させてもらえることになったのです。
(しかも、ワタシの誕生日だった。すごいプレゼントをいただきました☆)

写真、ビデオの撮影、録音はもちろんダメ。
イラストに書くことも、人に伝えることも禁止。

思い出すだけでもドキドキしてきちゃう。
本当に、本当にすごかった。
祈りのパワーってすごい。神様って絶対いる!って思っちゃった。

その雰囲気は日本じゃない…どころか、この世でもないような…。

祭の夜が終わり、ボーゼンとしながら見た夜明け。

e0138350_1826687.jpg

写真ではぜんぜん伝わらないけど…
涙が出るくらい美しかったです。

たぶん、ワタシは一生この日を忘れないと思う。
ありがとう。
[PR]

by dorae-42 | 2010-03-20 18:28 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)

友人来島第二弾<小浜&石垣の巻>

9月中旬には同時期に2組☆
お友だちファミリー(友人+妻+娘っこ)と、
チーム・アラフォー3名。

お友だちファミリーは前半、1日1島1泊ペースでモリモリ離島めぐり、
最後の3日を石垣で過ごすというので、そんとき一緒に。
んでアラフォーチームとお友だちファミリーもお友だちなので、
2チーム合わせてワイワイ観光してきたです=3

とはいえ、ファミリーチームは小さな子連れ、
アラフォーチームは何度も石垣に来てるので、
基本、のんびり:*:・( ̄∀ ̄)・:*:たらりと過ごしてました。
新しい情報がなにもないのが少々心苦しいではありますが…(;^_^A

団体旅行のように訪れた先は小浜島。
レンタカー+ふたりのりのバイクをレンタルしていざ島内ドライブ。
なんでか、道に迷ってばっかりいた気がするのは気のせいでしょうか?
全員が全員、「ちゅらさん」をちゃんと観たことがないからその呪い?
(けして地図が読めない&方向音痴のお友だちがナビをしてたから、ではないと思いたい)

↓かの有名なシュガーロード。
e0138350_1645884.jpg

↓かの有名な(?)ちゅらさん展望台。遠くに見えるは石垣島か?
e0138350_1654565.jpg
e0138350_166495.jpg

あっちゃこっちゃと立ち寄ったけど、
子供が泣いた、子供が笑った!と、みんながみんな子供に夢中…。
なぜかあまり印象に残っておらず…悲しいかな…。

ちょっと海水浴でも〜とはいむるぶし(小浜の大きなリゾートホテル)に行くも、
宿泊客以外はビーチ使用料がかかると知り゛(`ヘ´#)ソッコー退散。
細崎のところにあるビーチに行ってみたら…

↓ここ、想像以上によかったなん(^ε^)♪
e0138350_16103564.jpg

貸し切りだったし、水面からもちいさな魚が泳いでるのを見ることができたし☆
ただ、シュノーケルしたかったり、ビッチリ泳いだりしたいなら×。
浅い海で座ったり寝転んだりしながらまったりおしゃべりするのが好きな人(ボク)、
遠浅で穏やか、砂浜もキレーだから子供連れの人にぴったりのビーチです。

ゆるめな小浜観光をしたアタシたちは、
石垣観光もゆるめゆるめで…。

↓昼間はバンナでボーッとして、
e0138350_1616028.jpg

↓夕方はフサキリゾートホテルのビーチでボー(´∀`)
e0138350_16172448.jpg

↓食事も比嘉でサラリとゆし豆腐。もうこうなるとおばあちゃんですな、もはや(笑)。
e0138350_16181014.jpg

比嘉のお豆腐大好き〜。おいしー☆
ゆし豆腐におみそをつけていただくのが好きです(*^ー^)ノ

そして、なぜかここにくるといつも「伯方の塩」のメロディーで
「♪と・う・ふの比嘉!」と心の中で歌ってしまいます。

『とうふの比嘉』
住所:沖縄県石垣市石垣570
TEL:0980-82-4806
営業時間:6:30〜15:00、18:00〜22:00
定休日:日曜

http://gourmet.yahoo.co.jp/0007237038/

お友だちのリクエストで行ったお店は明石食堂とベイベール。

明石食堂はいまさら紹介するまでもない、
石垣北部にある、大人気のおそば屋さん。
でもじつは、ワタクシここのおそばがニガテで
こんなことでもない限りめったに来ないのであります。

↓2時間待ち(!)の末、注文したのはカツ丼。思いのほかヒットだった☆ うまーーーーい!
e0138350_16244132.jpg

e0138350_1625574.jpg


『明石食堂』
住所:沖縄県石垣市伊原間360
TEL:0980-89-2447
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜21:00(L.O)
定休日:月・火曜

http://gourmet.yahoo.co.jp/0006578819/

しかし2時間待ちってすごいな…( ̄ー ̄;
ワタシはそんなに待つのは気にならないほうだけど、
さすがに「待ち疲れ」た感が多少あったかな…。
(実際、お友だちは待ってる間に寝ちゃってた(笑))
待つのがニガテな方は、開店少し前にいくとかされたほうが
いいかもしれませんね。

↓待ってる間、近くの『太朗窯』をちょいとのぞいてました。そこにいたワンコが可愛かった♡(たぶん、名前は十中八九“クロ”なはず!)
e0138350_16295225.jpg

ほっくりするようなあたたかな雰囲気の焼き物が並んでましたよ〜。
焼き物好きな方はぜひ。

『太朗窯』
住所:沖縄県石垣市伊原間343
TEL:0980-89-2616
営業時間:8:00〜18:00
定休日:不定休

http://www4.ocn.ne.jp/~tarogama/

ベイベールは北部にある、やはり人気のカフェ。
去年、2時か3時ごろにお店に行ったら
「もう食べ物も飲み物も…氷さえもありません…」
と言われてしまったので、
今回は、開店時間目指して出発!

↓そして座れた特等席。少しガスっててうすら白かったけど、それでもずーっと見ていたくなるようなステキな景色。
e0138350_16372257.jpg

↓まさにずーっと見ている真っ最中。店内に流れるハワイアンミュージックのまったりさかげんも加わって、お尻に根っこがはえそうです!
e0138350_16383333.jpg

このときはお飲物だけだったけど、
スイーツや食事もオイシーですよん♪
個人的にはエビの煮込んだヤツが好き!

『Bellver ベイベール』
住所:沖縄県石垣市伊原間1-178
TEL:0980-89-2017
営業時間:11:00~17:30
定休日:水曜、第2・第4木曜

http://bellver.info/index.htm

ファミリーと別行動してるときは、ダイビングもしてみた☆

↓石垣の海はいつでもキレーだ☆
e0138350_16445044.jpg
e0138350_16456100.jpg

↓スノーケル中のお友だち。ナイスなピースです! むしろ体全体がビースです!
e0138350_16472092.jpg

いつもお世話になってるのは『ABCdive』ってトコ。
ダイビングに挫折しそうになってたアタシに
「やっぱりダイビングっておもしろーい!」って思わせてくれたお店。
ワタシがいまでもダイビングを(細々ながらも)続けていられるのは
ABCdiveのおふたりのおかげです。
大好き!(*^▽^*)(告白?)

『ABCdive』
住所:沖縄県石垣市美崎町11-5 メゾンノア1F 1-A
TEL:0980-83-2980

http://www.thida.net/s/abcdive/

このお友だちたちが来てる間、
いつでも中心にいたのは娘っこ。
初めての海、初めての船。
彼女の目に、八重山はどんなふうに写っていたのだろう?
この旅のこと、大きくなっても、覚えていてくれるかな?
この年じゃムリかな…( ̄ー ̄;
でも…覚えててくれたらいいな〜。

八重山で経験した、たくさんの「はじめて」のこと。
e0138350_16532847.jpg
e0138350_16534413.jpg

[PR]

by dorae-42 | 2010-03-04 16:55 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)

友人来島第一弾<竹富の巻>

石垣からいちばん近くて、
とっても人気の観光名所『竹富島』。
日焼け対策バッチリして、サイクリングにでかけよー☆

竹富の集落の家並みは重要伝統的建造物群保存地区という
なんやら小難しい名前のついてるんだ。
詳しくはよくわかんないけど、集落そのものが貴重だから、
後世に残るよう、景観や街並をみんなで守っていこうね〜、みたいな。
だから、新しいお家を建てるときは許可がいる、とか
赤瓦の屋根のお家じゃなきゃダメ、とかくらいは知ってたんだけど、

↓でも、学校までそのルールにのっとられていたとは知らなかった! ステキだね〜。こんな小中学校を卒業したコは、どんな大人になるんだろうね(‐^▽^‐)きっと東京とか行ったらびっくりしちゃうんだろうな〜。
e0138350_1591854.jpg
e0138350_1593789.jpg

↓大きな井戸をのぞきこんだり、
e0138350_15101981.jpg

↓キジムナーがいそうな木を見上げてみたり、
e0138350_15105796.jpg

↓島アイスなるもの(おいしかった!)を食べたりしながら、チャリはソーカイに進むのです。
e0138350_15114981.jpg


↓お昼は大好きな「竹の子」で。いつ来てもオイシー☆
e0138350_15123788.jpg
e0138350_15125685.jpg


『竹の子』
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
TEL:0980-85-2251
営業時間:10:30〜16:00 (そばがなくなり次第終了)、18:30〜24:00
定休日:不定休

http://www.taketomi.net/takenoko/

↓お店の前にある浮き球アートのモデルであろう、モコちゃんに会えました☆ 似てる(≧▽≦)(とかいってぜんぜん関係ない犬だったりして(笑))。
e0138350_15165411.jpg
e0138350_15171295.jpg

↓ブーちゃんには会えず…(´・ω・`)
e0138350_15181751.jpg


星砂の浜(カイジ浜)でみんなが星の砂を探してる間、ワタシは

↓極小のヤドカリとたわむれてみたり、
e0138350_15203226.jpg

↓ネコになごまされたりしていました。
e0138350_1521558.jpg
e0138350_15212373.jpg

もし、「来世はネコに生まれ変わりなさい」と言われたら、
ワタシは竹富島のネコになりたい…。

そして、ココでも新たな発見!

↓『星砂浜』の看板が…(コチラは2007年9月に撮影したもの)
e0138350_15231220.jpg

↓キレーになってたー!(*゜▽゜ノノ゛☆イエーイ(コチラは2009年9月に撮影)
e0138350_15242423.jpg

そして、あまりの急角度にぜんぜんなごめない
『なごみの塔』にももちろん登ってきましたよ。

↓ヒー! 何度見ても急すぎる。
e0138350_1526616.jpg

↓登る前の最後の念押し。やめるなら、いまだ。
e0138350_15265148.jpg

ワタシは自己責任貫く覚悟で登ります(大げさ)。

↓だって、ここからの眺めはやっぱり格別。
e0138350_15275416.jpg
e0138350_15281365.jpg

住民の方がずっとこの景色を守ってくれてることを
ワタシたち観光客は忘れちゃいけないな〜。
と、感謝の気持ちを胸に、石垣島へと戻った次第でありました(`・ω・´)ゞ
[PR]

by dorae-42 | 2010-03-04 15:30 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)

友人来島第一弾<西表の巻>

西表は大原港へ向けて出発。
レンタカーを借りて、ゆるーくドライブ。
目指すは由布島。

↓西表から水牛車で向かう、小さな小さな島です。
e0138350_14325972.jpg

↓島に入るとすぐに、大きな池で休んでいるたくさんの水牛たちに会えます。これが…なごむ! お母さん、顔が傾いてるけど、角をつっかえ棒にして、顔がしずまないようにしてんのかな? その隣の子供は半分沈みかけ(笑)。鼻のそばの水面からブクブク泡出てたよ(≧▽≦)
e0138350_1435129.jpg

由布島は島全体が植物園になっていて、
たくさんの植物はもちろん、蝶々や鳥などの生き物もいます。
また、小さな海岸もあって、そこから小浜島を見ることもできます。
休み休みしながらのんびり散策するのにもってこいの場所。
…なのですが〜〜〜〜〜〜…。
ワタシは由布島が持つ、ゆるさというか、シュールさが
なんだかツボなのです。あは…。

↓なので、帰ってきて写真を見たら、半分ホラーなゆるいオブジェばっかりだった(^▽^;)。なーんか、好きなんだ。こーいうの(笑)。
e0138350_14374711.jpg
e0138350_1438475.jpg
e0138350_14382429.jpg
e0138350_14384345.jpg

↓あまりのゆるさにふくろうも寝る寸前。
e0138350_1439203.jpg

いつまでもそのゆるさを失わないでね、由布島…。

↓今回の発見は食堂で食べた八重山そばの焼きそばとマンゴーのソフトクリームが激うまだったこと☆
e0138350_1440324.jpg
e0138350_1440513.jpg


『熱帯植物楽園 由布島』
住所:沖縄県八重山郡竹富町字古見689番地
TEL:09808-5-5470
開園時間:9:00〜17:00
定休日:無
水牛車渡し:¥1300(子供半額)

http://www.ishigaki.com/yubujima/

その後、せっかくだから…と、少し足をのばして大見謝ロードパークまで。
ここでもしばしのんびり、まったり(。-人-。)

↓大見謝川の雰囲気と、川から海につながるトコが好き。
e0138350_14493721.jpg
e0138350_14495556.jpg

大原から周遊道路を上原方面に走ると、
右側に駐車場があるので、そっから入れます。
西表温泉の少し先ですよ〜。

いいね〜、いいね〜なんてのんびりしてたら
乗る予定だった船に乗り遅れちゃった!
結果、最終船で帰ることに〜。よかった、まだ船あって( ̄ー ̄;
なんだか時間を忘れちゃうのよね、西表。
(過去にまんまと最終に乗り遅れてしまった前科アリ)
[PR]

by dorae-42 | 2010-03-04 14:55 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)

西表2DAYS

こんときは〜…なんだっけな?
もう遠い昔すぎて忘れちゃったよ( ̄ー ̄;
あ、そうだ、石垣在住のお友だちが内地に帰るから、
そのまえに西表行きたいっつって、
「じゃあ、うちも一緒に行く〜!」ってなったんだ☆
ホントはお泊まりで行く予定だったんだけど、
どーしてもバイト休めなくて、うちだけ通ったんだよ、2日連続西表に(笑)。

1日目は船浮に。
ココはね、船でしか行くことができない集落なんだ。
んでね、そこにある「イダの浜」ってトコで
スノーケルしたお友だちの写真を見せてもらったら、
すっごいキレーで、すっごい珊瑚モリモリ! まさに森のようで、
「ここに行きたーーーーーーい!」ってトコからスタートしたのです。

石垣→西表の上原港まで船で、上原から白浜ってトコまでバス(無料)で、
白浜→船浮はふたたび船に。たしか片道10分くらい、1日に5本くらい出てたよ。

↓白浜の船着き場。売店もなんもないこじんまりしたトコだったけど、すごくキレイだったから、最近建てられたばっかりなのかもしれないね。船を待ってる間、人もほとんどいなかったし「どんな秘境に行くのかしら〜」ってすごくワクワクしてた(^ε^)♪
e0138350_207391.jpg

↓船浮到着後すぐお出迎えしてくれたワンコ。なんか、意外。ちょっと“洋”なんだもん(笑)。
e0138350_2084252.jpg

船着き場のそばにおみやげ屋さん件食堂がある以外は、
ホントに、観光とはほとんど無縁のまま、
ずっとここで生活を営まれているであろう、住人の方のフツーのお家が建っているだけ。
民宿もあるらしいんだけど、見つけられなかったです。
船着き場とは反対側にある浜が目的地なので、
集落の散策はしなかったんだけど、ちょっと、それをするのはためらわれるような、
「日常」がそこにあるかんじがしました。

↓これはイダの浜へ向かう道。こんな道、大好きだー(´∀`)
e0138350_2012505.jpg
e0138350_2013994.jpg

↓着いたー! わ〜きれい〜おだやか〜。人も少なくて、すごくリラックスできる雰囲気だったよ〜。
e0138350_2014625.jpg

さっそくスノーケル!…したんだけど、
ポツン、ポツンと小さな珊瑚がある以外は基本砂地。
きょろきょろ探してみたけど、あの写真で見た珊瑚の森のカケラもない。
「がんばって沖に行ってみる?」と向かったら、
急に底も見えないくらいに真っ暗に落ち込んだ
ドロップオフ(っていうのかな?)になって、すっごく怖かった…。

↓こんなふうに、急にお天気が悪くなってきちゃってたから、よけい暗かったのもあるかもしんないけど…。
e0138350_20214217.jpg

ちょっと、これ以上進むのはワタシたちにはムリだ〜、と潔くあきらめる。
そう、『自然を相手にムリは禁物!』 がアタシの信条。

すっごく穏やかな湾なので、その後は岩場を散歩したり、
浅瀬でチャプチャプしたり…

↓こんな看板みっけてホッコリしたり(^~^)
e0138350_20182353.jpg

そんなふうに過ごして楽しんだ初・船浮きデシタ。
あの…珊瑚の森は幻だったのかな?
いつの日か、この目で見れる日は来るのかな?
だといーけど☆

2日目はカヌー&トレッキングして、目指すは“ナーラの滝”。
ここもさきほど出て来たお友だちが行ったとこで、
やっぱり写真みて「ココに行きたーーーーーーーい!!」となったトコ。

出発は白浜港。

↓「湾です!」ってかんじの風景から…
e0138350_20252637.jpg

↓仲良川に入ると、大好きな風景。マングローブだ〜。
e0138350_20264046.jpg

アタシ、マングローブっつーか、ヒルギが大好きなんだ。
この木、なんか夜になると歩き出しそうなんだもん(笑)。
それに、たくさんの生き物を守ってくれてるかんじがするの。
子供のヒルギはなんだかケナゲだし。
…この気持ち、うまく説明できないけど…(。-人-。)

↓途中、ちょっとスリルを味わいつつ、カヌーは進むのです。
e0138350_20292367.jpg

ラッキーな場合、行き→満ち潮、帰り→引き潮(=両方追い風的な)らしいけど、
この日はアンラッキーデー。
行き→引き潮、帰り→満ち潮(=両方向かい風的な……)だったの。
もちろんカヌー初心者ばっかりだから、うまく進めなくて、
みんなヘトヘトになってきちゃって…
(アタシはラッキーなことに、ガイドさんと同じカヌーだったから、
漕ぐのもそこそこにアハハ〜オホホ〜と写真撮ってればよかった)

↓ちょっと干潟で休憩。
e0138350_20322064.jpg

↓カニを掘り起こしてたわむれたりしておりました。
e0138350_20325954.jpg

スケジュール通りに進行することも大事かもしれないけど、
こんなふうにみんなの体調を見ながら調節してもらえることのほうが、
ワタシはずっとうれしいし、ありがたい。

↓カヌーを降りたら、今度はトレッキング。運動嫌いだけど、山登りはけっこう好きなんだ(歩みはのろいけど)。
e0138350_20352598.jpg

↓やたら色鮮やかなカニと出会ったり…、
e0138350_2036272.jpg

↓大好きな4点セット(清流+岩+コケ+熱帯雨林)を前にハァハァ(*´Д`)=зしたりしながら30〜40分。
e0138350_20375332.jpg

↓着いたー! ナーラの滝ー! タキスキデスカーーーーーーーー? ダイスキデスーーーーーーーー!!!!
e0138350_20384572.jpg

しかもここね、滝壺で泳いだり、飛び込んで遊んだりできたの☆

↓オマケに滝の裏にも行けたよ〜ヾ(@^▽^@)ノ
e0138350_20395549.jpg

ああっ…楽しい…時間よ…止まってくれー!
と心の中は大スパーク☆☆☆

↓お昼はおそば食べました〜。ガイドさん、こんな大量の食器やら鍋やら運んでたのね…。ありがとうございます。
e0138350_2041145.jpg

↓デザートのパインまでペロリング。
e0138350_20415275.jpg

食後はまったりしたりちゃぷちゃぷ浮かんだり。
お腹いっぱい遊んで、リアルにお腹いっぱいにもなったとこで(ゲフッ)帰りまーす。

↓いかにも滑りそうなところでドキドキしながら…。
e0138350_2043208.jpg

↓カヌーに乗ってるときにプカプカ浮かぶ可愛いお花発見。
e0138350_20442582.jpg

↓そして、もうすぐ白浜港かな? 大好きな風景にひたりながらカヌーは進むのです(つか漕げよ)。
e0138350_20452966.jpg

結局、カヌーを漕いでた時間はのべ5時間近く(!)。
ヘットヘトになったけど、そのぶん、そのぶん以上かな?
楽しいこともいっぱいの1日。
西表に対するパッションが止まりません!
ありがとーイーリーオーモーテーーーーーーーー!!!!!!!!!!

↓お世話になったお店です〜↓
『風車』
住所:沖縄県八重山郡竹富町上原870-60
TEL:0120-04-4959(受付時間10:00〜20:00)

http://www3.ocn.ne.jp/~iriomote/index2.html
[PR]

by dorae-42 | 2010-03-03 20:49 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)

恋の島鳩間島♪

ってBIGINの歌にありますね〜。
可愛くって、大好きな歌です。

鳩間島で恋をしたことは、残念ながらありませんが、
鳩間島には恋してました。
小さくて、ソボクな離島。

ちょくちょく遊びに行ってるんだけど、
このときは、なんで行ったのかな?
天気もいいし、島でも行こう、じゃあ、鳩間?
みたいな、そんな軽いかんじだった気がする(^-^)

やることはとくにないんだけど…
ふらふら散歩して、たまに立ち止まって、少しだけ海水浴。
でも、とても幸せでぜいたくな時間。

e0138350_9582356.jpg
e0138350_9584038.jpg
e0138350_9585860.jpg

↓鳩間に来るたび写真に撮っちゃう、浮き球アート。なごむなぁ〜。
e0138350_100083.jpg
e0138350_1001930.jpg
e0138350_1003851.jpg
e0138350_1005623.jpg

↓こんなシュールな人形も…。まえからあったのかな? 気がつかなかったよ(笑)。
e0138350_1013984.jpg

↓船の時間までは桟橋に腰かけてゆんたく、ゆんたく〜。
e0138350_1024239.jpg

さぁ、今日も楽しかったね〜石垣に戻ろうか〜…と港に行くと…

↓飾られていたのは以前見に行った豊年祭の写真。………あ! オラがいる!
e0138350_1043578.jpg

あはは!(≧▽≦)なんかちょっとウレシーかも〜。
帰る直前にいいもの発見できました〜☆ うふふ。
[PR]

by dorae-42 | 2010-03-03 10:06 | 旅行(八重山諸島) | Comments(2)

サガリバナとヒルギとスオウ

西表島は、八重山諸島の中でも、かなり好きな島。
そんな大好き西表に、久しぶりに行ってきました〜。

今回、ちょっとした用事で行ったので、
ガッツリ観光というよりは、
空き時間を使って、チョロリとおでかけしたかんじ。

夕方、石垣から西表東部の集落、大原へ。
19時ごろから、お世話になっている方のお友だち
(商売としてガイドをされている方ではない)に
サガリバナを見に連れて行ってもらいました。

サガリバナは…
奄美大島以南の琉球列島に分布しており、河口のマングローブ後背地に自生する小高木です。
(↑ネットでみつけたのそのままコピペ(^-^;))
らしーです。

ガイドブックなどで、川に浮かぶサガリバナを見たことはあったけど、
本物を見るのは初めて。
連れて行ってくれた人曰く、
「川に浮かぶサガリバナが見たいなら夜明けに、
木にさがっているところを見たいなら日没前後に」行くのがよいらしいです。
今回は、木にさがっているところを見に行きました。

↓蚊よけの長そでシャツ&軍手をし、ぬかるんだ場所を歩くための長靴を装着し、いざ、山の中へ!
e0138350_11387.jpg

↓あった! やだ、ピンクでキレイ! でも…遠い!
e0138350_1133773.jpg

↓近くで見つけた花はこれから咲くはずの花。これもなんだかいいわ〜。ステキー。萼の部分がまんまるで、プラスチックみたいで可愛い。
e0138350_114727.jpg

↓これは今朝落ちたであろう、花。これが水面に浮かんでたらさぞかしキレイだろうなぁ〜。
e0138350_1144344.jpg

↓カニも発見。
e0138350_115633.jpg

↓コレは花が落ちたあとの実なんだって。ちょっとイチヂクっぽくも見えるね。
e0138350_1153389.jpg

場所を移動し、2コめのさがりポイントへ。

↓またしてもすぐ発見。やっぱり遠い!
e0138350_116620.jpg

↓いま咲いているもの、これから咲くもの、もう散ったものが一度に見れました。こんなふうにぶらさがっているんだね〜。
e0138350_1163414.jpg

↓葉っぱももみじ型というか…なかなか可愛らしい形でした。
e0138350_116562.jpg

↓これも実。デッケー!
e0138350_1172581.jpg

↓見たこともないナゾの虫発見。カラフルだなぁ。コオロギの仲間かな?
e0138350_1175035.jpg

↓やっと近くで見れた! しかも、なんだかキレイに撮れた! やっぱキレイ〜ステキ〜。
e0138350_1181785.jpg

時期のピークを過ぎてしまっていたので、
ワ〜ッとたわわにぶらさがる光景は見られませんでしたが、それでも満足!
水辺に浮かんでるのを見たいと思っていたけど、
実際咲いているところを見ると、想像以上の美しさでした。
しっかし、キレイな花!
そのうえ、1日で散ってしまうとは桜以上にはかない!
いつか、満開のサガリバナを見てみたいな。

次の日の朝、1時間半ほど時間があいたので、散歩にでかけてみました。
「海のほうに出てみようよ」と、大きな道路を少しはずれると、
『仲間川マングローブクルーズ』の看板。
フラリとお店に入ってみるとまさに5分後出向!
値段も¥1500とお手頃、時間は約70分と、まさに運命!みたいな(笑)。
ソッコーでチケット買って、クルーズ船へ。

↓ちょっとどんよりお天気ではありましたが、すずしくて気持ちよいので、ちょうどよかったかも!?
e0138350_1111160.jpg

↓マングローブいっぱい見れました。ヒルギは大好きな木。これはオヒルギ(たしか)という種類だそうです。う〜む…コレもいいけど、ヤエヤマヒルギのほうがダントツで可愛いな。
e0138350_11113093.jpg

↓コレはこのあたりに生息するシジミ(!)だそうです。「まじかよ…」みたいな巨大さでした。
e0138350_11122717.jpg

↓大きなサキシマスオウの木を見るために下船。この木も大好き。
e0138350_11125486.jpg
e0138350_1113638.jpg

ココは柵があって、近くまで近寄ることはできませんでしたが、
ピナイサーラに行く途中でもこの木が見れます。
そんときは生首ごっことかして遊んで楽しかったな。

ちなみに、このぐにゃぐにゃした板みたいなのが根っこ。
“ばんこん”というそうです。
「晩婚!?」と過剰反応してしまうワタシ。
複雑なお年頃なのです…。

↓ゴール直前に見つけた小さな小さな島?岩?くじらみたいで可愛い形だね(^-^)
e0138350_11134957.jpg


『株式会社 東部交通』
住所:沖縄県八重山郡竹富町字南風見201-109
TEL:0980-85-5304
仲間川マングローブクルーズ:大人¥1500、小人¥750
http://www.iriomote.com/v3/mangrove/mangrove.html

揺れもほとんどないし、風がそよそよ気持ちいいし、
ガイドさんの話術は巧みでおかしいし(笑)、
少し時間があいてしまって…とか、
お子さんやお年寄りとご一緒のときには、うってつけの観光だと思いマス(^-^)
干潮のときなどは運行できないみたいなので、事前に確認してくださいね。

西表はいままで、
汗だくの体力勝負!みたいな遊びばっかりしてたけど(^-^;)
こんなゆる〜い観光もいいな〜。
と、西表の魅力を再確認した1泊2日デシタ。
[PR]

by dorae-42 | 2009-08-01 11:18 | 旅行(八重山諸島) | Comments(8)

はてるまん☆☆

去年まで石垣に住んでいて仲良くしていたお友達が
久しぶりに石垣に遊びに来ました☆

彼女とは「八重山諸島お泊まり制覇!」を目指していたので、
今回も、離島にお泊まりに行こう!と計画。
ふたりで一緒に行ったことのない波照間島へ行ってきました~。

行ったのは4月11~12日の一泊二日。
海に入るのはちと早いかな?
(入っている人もいましたが、私たちはとても寒がりなので無理!)
波照間に水着を持って行かないのは初めてでしたが、
とっても楽しかったです☆

以前も借りたことのあるゆるいレンタルバイク屋さん、クマノミで原付を借りて島内ドライブ=3

『波照間島のレンタル屋さん クマノミ』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間730
TEL:0980-85-8577

http://www.kumano3.com/i/index.html

↓看板犬・そらちゃん。ひとなつこくて可愛いヤツ。
e0138350_1395637.jpg

↓海水浴はしないけど、まったりしに海岸まで。吸い込まれそうな青! ここの海は本当に、何度来てもすばらしい!
e0138350_1335794.jpg

↓海岸のそばのペンションで飼われている取っ手ヤギは今日も元気=3お花もつけてもらって、よかったね~。(取っ手ヤギ詳細)
e0138350_1374648.jpg

↓とりあえず、最南端はおさえる。しばら~くまったりおしゃべりしてました。
e0138350_13103849.jpg

↓はしっこのガケのとこでおどけて写真撮ってみるも、実際は怖くてお尻ムズムズしてました。
e0138350_13112035.jpg

↓今回泊まった宿です。仏間しかあいてなかったらしく、¥500割引してもらえました(^o^)仏間の名前は『まぐろの部屋』!
e0138350_13123295.jpg
e0138350_1312454.jpg
e0138350_13125320.jpg

『ゲストハウスNami(波)』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間5251
電話番号:0980-85-8203

http://island.geocities.jp/kanamaru5738/

ここは素泊まりの宿といいつつ、夜はお刺身とゆし豆腐を出してくれます。
私たちは近所の商店でレトルトのごはんと、「おかずたりないかな??」とサバ缶を購入。
んで、ごはんの時間に合わせて宿へと戻るのです。

↓わ~おいしそ~。つか、実際おいしい! おまけというにはあまりに贅沢なお食事。ありがと~ございます☆
e0138350_13183220.jpg

どっか外に食べに行きたい人は、前もって断っておけばよいみたいです。

この宿は、こじんまりとしてて、とても清潔で、
宿の方もいい人で、リーズナブルだし、とってもよかったです。

でも、私たちが泊まったときは、泊まってる人がちょっと……。
だから、ごはんが終わったらいそいそ席を離れてしまいました。
まわりの人に「空気読めないやつら」だと思われちゃったかな?(-_-;)
でも、泊まってる人が全員ゆんたくがしたいわけではないのです。
自然に話が始まり、仲良くなって…は大丈夫なんですけど、
それを強要したり、むりやり「みんなで仲良く!」みたいなノリは
私はちょっとついていけないなぁ~…。
と、これは超個人的な意見です。

早々によるごはんを終わらせた私たちは、夜の波照間をのんびりお散歩。
宿を中心に東西南北ぜんぶ制覇してみた(笑)。
最後に行った東のほうがとっても気に入って、
近くに家もなかったので、しばらく星を見ながらおしゃべりしていました。
ちょっとうすぐもりだったので、前見たみたいな満天の星空!は見れませんでしたが、
それでも十分美しい。
ああ、幸せ。

朝は、再び近所の商店でパンを購入。

↓その近所の商店のアイスケース。パヒコ!
e0138350_13252470.jpg

↓そして、宿の目の前にある広場で朝ごはん。夏休みにはここで子供たちがラジオ体操したりすんのかな。
e0138350_13255581.jpg

↓その広場で見つけた看板。感動。そして笑った! 私はこの心得を胸に生きていくことにした!(笑)
e0138350_1327236.jpg

チェックアウト後、帰りの船の時間に合わせて港まで送ってもらえるようでしたが、
歩いて20分くらいと聞いて、のんびり散歩しながら帰ることにしました。

↓途中で寄り道したコート盛からの風景。ここ、好きなんだ。遠くに見えるのはどこかしら? 西表??
e0138350_13291487.jpg

↓お昼ごはんはみんぴかのカレー。にんにくきいてておいしかった! 一緒に飲んだパッションジュースもおいしかったよ☆
e0138350_1330870.jpg

『みんぴか』
住所:沖縄県八重山郡竹富町字波照間465
電話番号:なし
営業時間:11:00~13:00、14:30~17:00
定休日:木
http://www.ishigakijimaumibe.com/ritou/hateruma/minpika/minpika.htm

そして、船の時間までは港の売店をのぞいたり、
海を見ながらボーッとおしゃべりしたり(とにかくしゃべってばっか!)。
は~、今回も楽しかったね~ってそればっかりだったな。

波照間はなにかをするわけじゃないのに、
いつも楽しい気分にさせてくれる、とっても素敵な島だな~と思います。
[PR]

by dorae-42 | 2009-05-24 13:35 | 旅行(八重山諸島) | Comments(2)

波照間旅行<3>

書き忘れ日記<6>

そして、前回の波照間から1か月後の9月中旬、再び波照間へ(笑)。
東京からお友だちが遊びに来てくれたのです。
星空の話をしたら興味を持ってくれて、想像以上に早い再上陸となりました。

今度は1泊2日。
水中カメラは水没したので(T-T)水中写真ナシ。
ついこないだ来たばっかだからか写真も少なめ。

だけど、8月に来たときと同じくらい楽しくておだやかな時間を過ごしてきました。
ありがとー☆☆

今回カンドーしたのは『KUKURU』というお店。
ガイドブックにもまだ載ってなくて、宿の張り紙で見つけて、
「ココおいしそーだから行ってみよう」となったのですが…。

↓古民家を改造して作ったのかな? 静かで涼しくて落ち着けて…あやうく昼寝しそうになるくらいの居心地のよさでした。
e0138350_12524244.jpg
e0138350_12525528.jpg

↓カレーも美味。量もちょうどよかったヨン。
e0138350_1253294.jpg

『kukuru cafe』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間
TEL:0980-85-8135
営業時間:11:00〜14:30、18:30〜22:30
定休日:火
http://www.ritou.com/spot/view-hateruma-hr34.html

↓今回バイクを借りたのは『クマノミ』というお店。かごに貼ってあるイラストの、クマノミのお父さんがキリッとしていて、かなり気に入った(笑)。お店のおっちゃんのキャラもナイスです。私はバイクを借りて、お友だちは電動自転車を借りました。
e0138350_1322412.jpg

『波照間島のレンタル屋さん クマノミ』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間730
TEL:0980-85-8577
http://www.kumano3.com/i/index.html

↓今回泊まったのは『星空荘』。部屋に星座の名前がついてます。私たちが泊まったのは“イルカ座”のお部屋。
e0138350_13459100.jpg
e0138350_1351098.jpg

↓ごはんはお隣の食堂でいただきます。ボリュームはたっぷり。味はフツーにおいしいです=3
e0138350_1361894.jpg
e0138350_1363589.jpg

特に“ゆんたく場”があるわけでもなく、
宿の方がこまめにかまってくれるわけでもない
(とはいえ、みなさん、親切でしたよ)ので、
そういった旅を楽しみにされている方には向かないかも。
私はそのほうがいいので、かなりいごこちよかったです。
集落の中心にあるので、商店とかも近くて便利でしたん。
カップルの方も多かったので、なんというか…
他の旅人との交流より、自分たちの時間を大事にしたい人向けの宿かもしれませんね。

『星空荘』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間85
TEL:0980-85-8130
http://hoshizoraso.com/

↓星空荘の目の前にある公園の遊具。ゆるい。
e0138350_13134484.jpg


夜はまた集落を抜けて、星空を見に行きました。
8月と同じ満天の星。んで、天の川。
な〜んも音がしないなか、またねっころがって星を眺める。

な〜んも音がしない…というのはウソ。
じつは
ムシャムシャ…バリバリ…ムシャムシャ………
ヤギが草食べてる。
ずーっと。ずーーーっと。ずーーーーーーーーっと。
おい! 食い過ぎど! 太るど!!!

↓あ…もう太ってた…。
e0138350_13155967.jpg

ヤギとともに星空観察もこれまた一興!?
静かになったな〜〜〜…と思って見てみたら寝てやがった(笑)。
ヤギも寝たことだし、私たちも宿へと戻っていったのです。

一緒に行ったお友だちも楽しんでくれたみたいでヨカッタヨカッタ。
次はいつ来れるかな??
南十字星はまだ見てないので、次はそれを目当てに!
貯金だべ、貯金!
[PR]

by dorae-42 | 2008-12-10 13:17 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)

波照間旅行<2> sanpo

書き忘れ日記<5>

波照間2日目はレンタルバイクを借りて海水浴&島内観光=3

↓黄色が青にはえてキレー☆ 島を原付でトコトコドライブするの大好き!
e0138350_11555861.jpg

私はSUN輪舎というお店でレンタルすることが多いです。
ココの子供(女の子)がかわいーんだ☆

『SUN輪舎』
TEL:090-6866-5869、0980-84-7636
http://www.sunrinsya.com/

↓2日目のニシ浜。今日も蒼いぜハテルマブルー! 昨日よりおだやかで泳ぎやすかったし、魚も多かった☆
e0138350_1233174.jpg
e0138350_1234487.jpg
e0138350_1235695.jpg
e0138350_124720.jpg
e0138350_1241817.jpg
e0138350_1242986.jpg
e0138350_1244159.jpg
e0138350_1245680.jpg


↓浜のすぐそばでみつけた“取っ手ヤギ”(笑)。持ちたくなるぜ、その取っ手! あとで知ったのですが、ちょうど角が子供の顔あたりにあるので、ヤギや攻撃するつもりでなくても、子供を傷つけてしまうかもしれないから…と飼い主の方がホースを切って角に差し込んだそうです。子供を傷つけず、ヤギも傷つけず、そのうえかなりほほえましい…。ナイスアイデアです!
e0138350_1273862.jpg


↓お昼は『花HANA食堂』というところでいただきました。混んでるけどうるさくなくて、落ち着けるお店でしたよ〜。
e0138350_12101315.jpg

↓私が注文したのはココナッツカレー。辛すぎなくて美味♪
e0138350_12105635.jpg

『花HANA食堂』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間713
TEL:0980-84-7617
営業時間:11:00〜14:00、18:00〜22:00
定休日:日
http://www.churashima.net/shima/hateruma/special/hanahana/index.html

一旦宿に戻り、シャワーをあびてひと休みしたらドライブドライブ♪

↓目が釘付けになった看板。ここまでくるともう外国語ですな…。
e0138350_12142449.jpg

↓下水道のフタが可愛い。
e0138350_1214528.jpg

↓一度も飲んだことないけど、幻のお酒・泡波の酒造所を見つけて記念撮影。
e0138350_12154830.jpg

↓どこに行ってもスーパー&商店好き。中はこじんまり。レトロでよいです。
e0138350_12164778.jpg

↓このお店で波照間名物だというきびを購入。もちもちプチンで食感が楽しいですよ〜。いつもごはんに混ぜて炊いてます=3
e0138350_12173610.jpg

↓『モンパの木』というおみやげ屋さんの店先です。立派な木。花もキレーでオブジェも楽しい。
e0138350_12193257.jpg
e0138350_12194661.jpg
e0138350_12195938.jpg

↓ものすごいお天気がよくて、体が火照る火照る…。ちょいと休憩はかき氷で。日陰で食べてたら気持ちよ〜くクールダウン(^-^)でけた〜。ココは黒みつのかき氷が有名みたいです。私はシンプルにいちごで。
e0138350_12215498.jpg
e0138350_12221422.jpg

『みんぴか』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間465
営業時間:11:00〜13:00、14:30〜17:00
定休日:木
http://www.churashima.net/shima/hateruma/special/minpika/index.html

んで、たっぷり休憩したのち、最南端へ。

↓ヤギがいっぺーいた! うほー! 動物大好き〜☆ 最南端の碑の写真撮るのも忘れてヤギをおっかけまわしておりました。
e0138350_12251138.jpg
e0138350_12252595.jpg

↓断崖絶壁ものぞいておきました。あ〜お尻ムズムズする〜怖い…。
e0138350_12262833.jpg


今日もうまいこと夕焼けは見ることができませんでした。残念。

夜ごはんを食べたあと、宿の方が星空観測タワーまで連れていってくれました。
この宿はいつも(なのかな?)タワーへの送迎サービスをしてくれているそうです。
ありがたいことです。

あいにく、月が出ていて、昨日より見える星は少なめ。
でも、星座の説明はとても興味深く、ふむふむとマジメに聞いておりました。
あと、望遠鏡で星を見せてくれたよ。
帰りは宿の方がペムチ浜に寄り道してくれました。
真っ暗な海には月の道ができてた。
うまく写真に撮れず。無念。
しばらくボーッと月光浴。ぜいたくな時間であります。

これにて初の波照間お泊まり終了〜。
あ〜ん、とても楽しい2泊3日でした。

↓お世話になった宿は『けだもと荘』。ごはんはボリュームたっぷりでおいしかったし、清潔だったし、宿の方もいい人ばかりでした。また次も利用したいな〜と思う宿でした。
e0138350_12321464.jpg
e0138350_12323159.jpg

『けだもと荘』
住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間3114
TEL:0980-85-8249
http://www.churashima.net/shima/hateruma/special/kedamoto/index.html

↓帰り際、港のおみやげ屋さんでてぬぐいを購入。てぬぐいコレクターなのです。波照間ではヤギを“ぴみざぁ”っていうんだね。可愛い響きだな。
e0138350_1236465.jpg


↓でもって待合所で昼寝中の赤子。近くに親御さんらしき人はいませんでした(笑)。こんなふうに、子供をほうっておけることが、昔の日本ではそこらじゅうにあった風景なのかな? いまは怖くてそんなことできないもんね。波照間はずっとそんなことができる島であったらいいな〜。
e0138350_12372720.jpg


波照間はなんだか“小さな女の子”みたいに可愛い島です。
石垣から日帰りでも行けるけど、
やっぱりお泊まりがいいな〜、と確認。
次から波照間に来るときはお泊まりで!と
帰りの船の中でヒッソリと誓ったのであります。
[PR]

by dorae-42 | 2008-12-10 12:39 | 旅行(八重山諸島) | Comments(0)