日本里帰り2014(14)奈良・興福寺&東大寺

☆2014年5-6月の振り返り日記です☆

<関西旅行9日目>

楽しかった関西旅行も最終日。
チェックイン後のホテルに荷物を預かってもらって、今日は徒歩で観光〜。
大仏さん見に行くのーo(^▽^)o

興福寺って、初めて聞いたけど、東大寺に行く通り道にあったので、寄ってみたー。

本日も順調な修理運。
e0138350_15553020.jpg
e0138350_15553151.jpg
心にグサとくるひとこと。
ワタシ自制心なさすぎて、すぐに心がとっ散らかるので、全く平和でありません。
ああ…悟り開きたい。
e0138350_15553107.jpg
この建物スキー。南円堂という八角形の円堂だそうです。
e0138350_15553199.jpg
五重塔もあったよ。
e0138350_15553227.jpg
もう鹿がいた!Σ(゚д゚;)
e0138350_15553180.jpg
静かで、いいところだったよー(静かなのは修理中だったからかも!)。

興福寺
住所:奈良県奈良市登大路町48
TEL:0742-22-7755

博物館も通り道〜。
んで、やっぱ修理中〜。

中には入らなかったけど、仏像の展示で有名なところみたいです。
さすが奈良。
e0138350_15565353.jpg
ここにもチョイチョイ鹿いたよ。
広々してて、ピクニックとかによさげなとこだったー。
とか言って、ピクニックしてたら鹿に食べられたりするんかな。

奈良国立博物館
住所:奈良市登大路町50
TEL:050-5542-8600

東大寺が近くにつれて、ジワジワと鹿が増えてくる。
おおー高まるねー(°∀°)
e0138350_15565228.jpg
鹿にたかられる鹿せんべい屋さんのおっちゃん。
大人気です。軽くヒーロー。
うらやますぃー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
e0138350_15565237.jpg
参道!
なんか、覚えてる!(ような覚えてないような)
中学のときの遠足だか修学旅行だか以来す!
e0138350_15581547.jpg
ここまでくると、もう鹿天国。

せんべいを持ってると人気者になれる。
股の間に入られて「おいー!やめろー!」と騒ぐ男子学生。
「やめろー」と言いつつ、うれしそう(笑)。
e0138350_15581616.jpg
安全地帯でくつろぐお鹿さん。
e0138350_15581672.jpg
南大門。
どーん!でっかー。
e0138350_15581608.jpg
e0138350_15581769.jpg
学生になじむ鹿。
e0138350_15581788.jpg
ここでもまっちゃんとはまちゃん。
(仁王さん見るとダウンタウン思い出す人は「イイネ!」で意思表示を!(笑)
e0138350_15590438.jpg
e0138350_15593838.jpg
大仏殿前のお香コーナー(コーナーて)。
どっか悪いとことか、美人になりたいなら顔、頭よくなりたかったら頭とか、
ご利益欲しいとこに煙つけるといいんだっけ?
とりあえず、娘ちゃんの顔と頭にたっぷりこすりつけといた。
(母はリアルに腰←ぎっくり腰してから腰痛持ちになってもうた)
e0138350_16000067.jpg
お線香台はこんなキュートな小鬼が支えておりました(≧▽≦)
e0138350_15590473.jpg
きたー!大仏さん、どーん!
といいつつ、写真じゃ大きさが伝わらない〜。
e0138350_15590523.jpg
隣にヒッソリあった像もけっこうなデカさ(虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ)というらしいです)。
ワタシ、けっこう好きです。
e0138350_15590565.jpg
ぐるーと、プチ博物館的になってるところをまわり、
e0138350_16003680.jpg
首にビックリしつつ、
e0138350_16003686.jpg
大仏さんの鼻の穴くぐりをする学生を微笑ましく眺め、
(うちは本気で腹がひっかかりそうだったのでやめといた)
e0138350_16003624.jpg
くつろぐ鹿とツーショットを撮るなどして、親子3人満喫しました。

鹿のツノの産毛、気持ちよさそうだったな。さわってみたかったな。
e0138350_16003794.jpg
ベタだけど、人いっぱいだったけど、楽しかったー(・∀・)

東大寺
住所:奈良県奈良市雑司町406-1
TEL:0742-22-5511

参道にあった食堂でお昼を食べて、さてどうすっか?
春日大社にも行ってみたかったけど、ちょっと時間足りなさそう…。
旦那さんが地図を見ながら「依水園(いすいえん)に行ってみたい」とな。
帰り道にあったので、そこに立ち寄ることにしたー。

日本庭園が見られるところみたい。
外国人好きそうね〜と思ったら、お客さん外国人がほとんどだったよ(^_^;)

園内は砂利道なので、乳母車は受付で預かってもらえました。
e0138350_16011722.jpg
e0138350_16011757.jpg
e0138350_16011712.jpg
美しいところだったー。
しかも大通りから少し入ったところにあるというのもあり、超静か。

ただ、奈良は見るとこいっぱいだから、ここがマストー!という場所ではないけど…(^_^;)
「外国人」の旦那さんは大喜びしてたので、日本文化が好きな外国の方にはオススメかな?
「外国の方に奈良を案内するんだけど、どこがいいかなー」という人は、
候補のひとつに入れてもいいかも(^人^)
こじんまりしてるので1〜2時間もあれば十分だと思います。

依水園
住所:奈良県奈良市水門町74
TEL:0742-25-0781
開園時間:9:30〜16:30
休園日:火(4-5月、10-11月、年末年始は無休/火曜日が祝日の場合は水曜日休園)
入園料:大人¥900

この日はスタンプラリーはなし。
その代わり、(棺桶に入れてもらう用に集めている←天国に行けるらしい)御朱印帳(*^.^*)
左側が興福寺です(右側は前日の唐招提寺)。
e0138350_16011885.jpg
近鉄奈良駅の前は、アーケード街が2本並行に走っていて、
おみやげ屋さんとかが並んでいたよ。
e0138350_16011747.jpg
最後にここをちょっとウロウロして、おみやげなどを買って、
ホテルに荷物を撮りに行って、我が家の関西旅行は終了〜。

はぁ〜、楽しかったー!
けど、和歌山も奈良も見るとこありすぎで全然足りないね。
またいつか、今回行けなかったところに行くことができたらいいな(´∀`)

そして、今回の旅行でも、
体調を崩すことなく、元気に毎日ハッピーに過ごしてくれて、
夜もぐっすり眠ってくれた娘ちゃんに感謝!

[PR]

# by dorae-42 | 2017-03-08 20:54 | 旅行(日本) | Comments(0)

日本里帰り2014(13)奈良・薬師寺&唐招提寺

☆2014年5-6月の振り返り日記です☆

<関西旅行8日目>

吉野から奈良市街へ。
意外と遠い。1時間くらいかかった(+_+)

ホテルに荷物を置いて、観光観光。

しかし、ここに来てワタシ、ピンチです。

この日のこと、ほとんど覚えてない( ̄ー ̄;(えー!)
とりあえずね、薬師寺と唐招提寺(とうしょうだいじ)に行ったんだけど、
なんで行くことにしたのかーとか、どうやって行ったのかーとか、
スッポーン!と抜けている。

行きは電車で、帰りはバスだったような…。
ホントは法隆寺も行きたかったんだけど、時間切れであきらめたような記憶も…。

なので、この回はサラッと。えへへ(*^.^*)<(えへへじゃねーよ)

薬師寺は、新しい、キレイな建物が多かった。
朱色がすごくキレイだった思い出(それだけー!?)
e0138350_15403974.jpg
e0138350_15404085.jpg
e0138350_15404073.jpg
e0138350_15404057.jpg
あと、なんかね、盆栽展(お花がついてるから盆栽って言わないのかな?)
みたいな催し物をやってて、
それが意外と可憐で可愛らしくて、しばらく愛でてた。

これ目当てで来てる人も多いのか、ここのエリアは人いっぱいいたよ。
e0138350_15405378.jpg
特にお気に入りはコレ。
白地にピンクのふちどりがすごく可愛い!
e0138350_15405314.jpg
e0138350_15405324.jpg
薬師寺
住所:奈良県奈良市西ノ京町457
TEL:0742-33-6001

えーと…移動しまーす。

薬師寺からは歩いて行ったのかな、確か?

すごく広くて、静かで、建物がちょっと古くて、
なんというか、小さな集落のような雰囲気もあった。

薬師寺とは反対の雰囲気かな。
薬師寺はもっと華やかなかんじで、唐招提寺は素朴なイメージ。

仏像さんとかも見てるはずなんだけど、覚えてなくて、
建物を見るのが楽しくてウロウロと歩いていました。
e0138350_15425620.jpg
e0138350_15425652.jpg
e0138350_15425679.jpg
e0138350_15425693.jpg
唐招提寺
住所:奈良市五条町13-46
TEL:0742-33-7900
拝観料:大人¥600

あと、これも全く記憶にないけど、
やっぱりスタンプラリーはやってたみたいよ。
e0138350_15434591.jpg
e0138350_15434677.jpg
明日で旅行も最終日だよ。

最後の晩餐(?)は鳥貴族でした(≧▽≦)
店員さんがみんなやさしくて、すごくよくしてもらいました。

オープンしてすぐ行ったので、そこまで混雑してなかったのもあるけど、
「子連れでもいいですかー?」と聞いたら、快くOKしてくれて、
特にこちらからタバコのことはなにも言わなかったんだけど、
「うち禁煙じゃないんでー」と、入り口のすぐそばの席に案内してくれて、
「隣の席はできるだけ空けておくようにしますんで」って言ってもらって。
「でも、混んで来ちゃったら、スイマセン」って。
いえいえいえ!とんでもございません!!って話ですよね。
お心遣い、本当にありがたかったです。
そしておいしく明朗会計、最高です(°∀°)b

この日の宿は、駅からすぐそばにある、シティホテル的なところにしました。
和室があるホテルを探してて、かつ予算内+便利な場所にあったので、ここにした。

お部屋はこじんまりしてるけど、キレイだったよー。
e0138350_15440410.jpg
e0138350_15440524.jpg
子連れ、とくに小さい子供と一緒の旅行は和室が断然ラクだと気付いた。
座布団を布団代わりにできるし、ベッドから落っこちる心配もないし。

ここでもスーツケースが仕切り代わりです。
e0138350_15441056.jpg
あとやっぱ、洋室のとき床に寝かすのって、そこはかとなくやだなーって思ってたし。
(まぁ、3人で添い寝できる大きさのベッドのある部屋にするか、
エクストラベッド頼んでやれよ、って話なんですけどね(・ε・)

住所:奈良県奈良市小西町23
TEL:0742-26-2646

最後に大仏さんと鹿を見て帰るよー!

[PR]

# by dorae-42 | 2017-03-06 20:04 | 旅行(日本) | Comments(0)

日本里帰り2014(12)奈良・吉野山

☆2014年5-6月の振り返り日記です☆

<関西旅行7日目>

バイバイ、和歌山。すっごくいいところだった。
5日間じゃ全然足りないねー。またいつか来たいです。

まずは高野山から和歌山駅まで。レンタカーを返しに行きます。

前々日の雨のせいで、道路が通行止めになってました。
「この地図写真に撮っていきなさい〜」と、
迂回路へ誘導しているおじちゃんがナイスアドバイス。
おかげで迷わずに済んだよ、ありがとう。
e0138350_13081602.jpg
和歌山から奈良(駅周辺)に行くのに、吉野山が若干通り道じゃない?

ほら。
e0138350_12423398.png
つーんで、吉野山経由で奈良(中心地)に行く予定たててたんです(´∀`)

幕末にどっぷりハマッていたころに知った、
「吉野山 風に乱るるもみじ葉は 我が打つ太刀の血煙りとみよ」
という辞世の句。

だれの言葉だか忘れちゃったけど(いま調べたら吉村寅太郎という土佐藩士でした)、
「お〜い!竜馬」のこのシーンでは大号泣(マンガかよっ!)して、
ずっと忘れられない句だったのです。

だから、いつか行ってみたいなーと思っていたの。

とはいえ、吉野山そのものにはピンと来ず、とりあえず
お目当てはケーブルカー(ロープウェイ?)。
吉野駅降りるとすぐある。こじんまりしてて可愛い。
e0138350_13191404.jpg
車両(車両でいいんかな?)も可愛い(*´ェ`*)
桜と、紅葉もかな?で有名なところなんだよね。
このときは6月頭だったので、時期はずれだからか、すいててよかったです。
e0138350_13081679.jpg
新緑モクモク気持ちいい!
e0138350_13081696.jpg
まぁ、でも一瞬でおわっちゃうんだけど(。・ε・。)

お昼はてきとうに目についたお店で。
でも、そんなに選択肢なかった気がする。

普通においしかったよ(・∀・)
e0138350_13081661.jpg
窓が大きくて景色がよかった。
あと、お座敷が広く、かつお昼ちょっとあとくらいの時間だったから、
ほとんどお客さんいなくて、
気を使わなくてよかったのが子持ち的にはありがたかったです。
e0138350_13081609.jpg
『観光旅館 千本桜』(旅館つーくらいだから、宿でもあるのかな?)
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山345
TEL:0746-32-3036

金峯山寺(きんぷぜんじ)の青い仏像さんが見たいね!
と旦那さんと意見が一致したので行ってみることにした。

道中はゆるい坂道。
おみやげ屋さんが出てたり、門?があったり。
緑がいっぱいで石畳で、歩いててとても気持ちよかったよ(^~^)
e0138350_13081631.jpg
e0138350_13085226.jpg
e0138350_13085222.jpg
e0138350_13091473.jpg
なにか視線を感じる…とよく見てみたら、
e0138350_13085261.jpg
子供!(人形ですよ、人形)
ビックリした。
でも靴はナイキ。
e0138350_13085227.jpg
金峯山寺見えてきたー!

修理…。出た、安定の修理運。
e0138350_13091432.jpg
松ちゃんと浜ちゃん。
e0138350_13091510.jpg
e0138350_13091443.jpg
青い仏像さん(金剛蔵王権現立像というらしいす)は
すごい迫力で、見応えあったよー(撮影禁止でした)。
毎年期間限定で見られるみたいなので、せっかく行くならぜひご開帳期間に!

そこ以外もね、広いし景色もいいし、いいところだったよー。
e0138350_13094355.jpg
e0138350_13094366.jpg
e0138350_13094347.jpg
e0138350_13094464.jpg
e0138350_13094412.jpg
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山
TEL:0746-32-8371

この時点でけっこうヘトヘトだったんだけど、
せっかくなので近くにある神社にも寄り道。

こじんまりとした小さな神社。お庭がすっごくよかった!
e0138350_13094438.jpg
e0138350_13094498.jpg
e0138350_13094496.jpg
e0138350_13094407.jpg
鳥居の先は心臓破りの坂ですので、ご注意ください。
e0138350_13094488.jpg
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山579
TEL:0746-32-3024

戻る途中、金峯山寺の裏側?みたいなところに出た。
小さなお稲荷さん発見。
お稲荷さん好きなの(´∀`)お参りしといた。
e0138350_13100218.jpg
e0138350_13100227.jpg
景色はこんな。ホント、いい気持ちだよ〜。
高野山ほどではないかもしれないけど、
吉野山自体もきっとパワーのある場所なはずね。
てか、山はみんなそうかな。
e0138350_13103154.jpg
帰りのロープウェイは行きと違う絵柄だった。ちょっとうれしい(°∀°)b
e0138350_13103141.jpg
ササッと駆け足で見ただけの吉野山ですが、来てよかったです(^人^)
空気もキレイだし、風も気持ちよくて、いいところだったー。

ここでもヒソカにスタンプラリーを楽しんでおりました。
どんだけ好きなのって話です。
e0138350_13104684.jpg
ぜんぜん集まってませんけどね。
e0138350_13104632.jpg
吉野山の日はどこに泊まるか、すごく手こずった覚えが…。

吉野山では、宿がそもそも少なかっただか、高くて予算オーバーで、
かといって、その日は和歌山から移動して来てるから、
奈良市内まで行くのはツラそうだな…と、
パソコンの前であーでもないこーでもないとしてた気がする。

で、結局、予算内で泊まれる、吉野山からいちばん近いところはここしかない、
みたく消去法で選んだ宿(^_^;)

行ってみたら、想像以上に「民家」度が高く、ひるむ。
e0138350_13103230.jpg
e0138350_15444855.jpg
ここで合ってんのかな…でも、営業中って書いてあるし……
えいっ!(ガラガラ〜←ドア開けてる)ごめんくださーい!みたいな。
e0138350_13103196.jpg
玄関先は民家でしたが、2階はちゃんと宿でした(よかった!)。
家族経営?1階がオーナーのお家っぽかったです。

広いし、キレイだし、wifiあるし、テレビも冷蔵庫もあるし!
お風呂、トイレ、洗面所(ぜんぶ共同)もキレイだったよ。
e0138350_13103157.jpg
e0138350_13103184.jpg
タオルと浴衣は、「おばあちゃん家」感溢れるタイプ。
e0138350_13103103.jpg
こんなん、おばあちゃん着てたな〜と、
死んだおばあちゃんを思い出しながら眠りにつきました。
e0138350_13103118.jpg
『松月館』
住所:奈良県吉野郡大淀町下渕172
TEL:090-7364-1862

このとき、和歌山から一旦この宿に来て荷物を置いてそっから吉野山に行ったんだけど、
駅に大きな荷物入れられるコインロッカーあったし、
荷物持ったまま直接吉野山行けばよかった。
宿が意外と最寄り駅から遠くて(徒歩10分くらいかな?)、
荷物と赤子とベビーカーと一緒に歩くのは大変だったし、
(タクシーに乗るほどの距離ではない)
それでちょっと時間(と体力)ロスしてしまったなーというのが反省点でした。

[PR]

# by dorae-42 | 2017-01-04 14:13 | 旅行(日本) | Comments(0)