Hawaii旅行(19)Kilauea Caldera<その3>

☆2015年5-6月の振り返り日記です☆

Kilauea Caldera(キラウエア火山)2日目の続きだよ(前半はコチラ)。

Chain of Craters Road(チェインオブクレーターズ道)に入って、
なんか気になることがあったら停まって、終点まで行ってみよう~とドライブ。
e0138350_19253105.png
びろーんと垂れてる黄色い道ね。海まで出られるよ。

Pit Crater(ピットクレーター)という地表が陥没してできた穴
(穴と言っても超デッカイ!隕石落ちたあとみたい ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!)
を見に何度か停車。
e0138350_20085523.jpg
うちは、Pauahi(パウアヒ)という名前のクレーターがお気に入り。
e0138350_20085675.jpg
表面が固まった溶岩が、流れる溶岩に押されたりしたのかな?
鎌倉みたいになってるとことかが見れる。
e0138350_20085615.jpg
ポツンと咲くレフアにキュンキュン♡
e0138350_20085673.jpg
ロッテのクランキーの裏側みたいな溶岩。うーん、食べたい。
e0138350_20094387.jpg
クランキーはこれね。
e0138350_19334800.jpg
なんかパッケージ変わった?

Chain of Craters Roadはすっごい開けてて、とにかく気持ちがいい。
道路1本、両側は溶岩だけ!
e0138350_20094390.jpg
e0138350_20094331.jpg
海が見えてきて、その海岸線のところに
新しい土地(新しいっつっても1~2年じゃないけど)ができてるのが見えたときは、
あまりの感動に急停車!

なにも言葉が出てこず、旦那さんとふたりで
「Wow!」
「Wow!」
「Woooooooow!」
って、バカみたいに言い続けてた。
e0138350_20094360.jpg
e0138350_20094426.jpg
ちょうどお天気もよく、青と、溶岩の限りなく黒に近い灰色とのコントラストも美しかったし、
土地の新しい感がすごくて、とにかく感激、トリハダ。

Hawaii(ハワイ)の旅全体を通して、いちばん感動した景色がここだったー。

興奮冷めやらぬまま、Holei Sea Aech(ホーレイシーアーチ)に到着。
e0138350_19504892.png
ここは、波でアーチ状になった溶岩と、道路に溶岩が流れ出ているのを見るのが目的。

最初に道路を見に行こう~。
e0138350_20100778.jpg
夕方だったからかあんまり人もいなく、ただ道路をてくてく歩くのは不思議な気分。

途中、いきなりヤシの木が茂ってるとこや、なにか石を積まれたところがあったり。
e0138350_20100719.jpg
e0138350_20100775.jpg
e0138350_20100769.jpg
風が強く、豆(?)が揺れてシャラシャラと音をたてているのが聞き心地がよく、ピースフルな気分。

Rattlepod(ラトルポッド)という植物だそうだ。
e0138350_20102385.jpg
あれ…いきなりゲート的なものが閉まってますけど…( ̄ェ ̄;)
e0138350_20102483.jpg
立ち入り禁止とも書いてないし、向こうから来る人もいるし、
だ…大丈夫だよね???と恐る恐る柵の向こう側へ行く。

道路に流れ出した溶岩はなく、ただひたすら砂利道が続くだけ…。
あれ…?ここでいいのかしら?ととまどう老夫婦。

これって、ひょっとして整備されちゃったのでは?と思い始める。

日も落ちかけてたし、とりあえず戻ろう・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
e0138350_20102488.jpg
砂利道の両側には溶岩ドッサリ。
e0138350_20102448.jpg
トイレの近くにあった小屋の壁に、インフォメーションがあるのを発見。

やっぱり撤去されちゃってたみたい。残念…。
でも、道路の上に溶岩が流れているのはAkanui Kahiko(アラヌイカヒコ)で見られると知り、
そこに行ってみようとした…んだけど、もうすぐ日が暮れそうなので断念。
e0138350_20100680.jpg
ひとまず、Holei Sea Aechを見に行きましょう。
溶岩の上を歩いて断崖まで。
e0138350_20102429.jpg
一瞬で着く。そして、またスケールでかい。波も荒くてけっこう怖い…。
e0138350_20104207.jpg
e0138350_20104218.jpg
柵とか、案外低くて、くしゃみとかした拍子にコロンと落ちちゃいそう(((゜д゜;)))
e0138350_20110320.jpg
もこもこ。
e0138350_20104173.jpg
e0138350_20104261.jpg
溶岩って、なんか指紋みたいね。
どの形、模様がどれも同じじゃない。
見てて飽きない。
e0138350_20104262.jpg
夕暮れをここで過ごし、日が暮れてからは、火口から火が出てるのを見に行くよ。

Jaggar Museum(ジャガー博物館)から見れるみたいなんだけど、すっごい車!
渋滞になってて、誘導員さんもいた。
Jaggar Museumのほうはすでにいっぱいなのか、その手前の
Kilauea Overlook and Picnic Area(キラウエアオーバールック&ピクニックエリア)に誘導される。
e0138350_20120979.png
ここもすっごい人だった。
日本人ガイドの、日本のツアーグループも何組かいたよ〜。

そして、火と煙も見えたー!すごいぞー!寒いけど感動。
e0138350_20110383.jpg
満月がすごくキレイで、火口で燃え盛る炎と満月を同時に見れたなんて、
すっごくステキだね、と旦那さんとふたりでホクホク、満足。
(ワタシのインスタントカメラではこれが限界( ̄△ ̄;)
e0138350_20110306.jpg
月が明るすぎて、天の川!星雲!イエーイ!とはいかなかったけど、
それでも、結構たくさんの星を見れたほうだと思う(^~^)

ろうそくとか焚き火とかをずっと見ていられるのと同じように、
この景色を何時間でも見ていられそうだったけど、
すでに8時すぎだったので、娘ちゃんもトロンと眠そうにしてきてた。
サッと夜ごはんを食べて帰ることにしようかね。

このころには渋滞もほとんどなくなっていたので、
時間に余裕があったら、ちょっと遅めの時間に行くのがいいのかも?

夜ごはんはすぐそばにあるVolcano Village(ボルケーノ村)で~と車を走らせながら探したんだけど、
お店の数がそもそも少ないうえに、ほとんど閉まっていた。

タイレストランは満席なのが外からも見えて、
Kilauea Lodge & Restaurant(キラウエアロッジレストラン)というところは高そうだと諦めた。

結局、昼間ガソリンを入れたときに「ここにレストランがあるねー」と言ってたお店へ。

ロコモコ(US$8.95)とABC(アボカドベーコンチーズ)バーガー(US$11.95)。
ちょっとソースの味が強かったけど、うん、おいしかったよ。
e0138350_20111677.jpg
e0138350_20110480.jpg
雰囲気もなんか昔のアメリカ~(勝手なイメージ)ってかんじだし、
ウェイトレスのお姉さんも可愛くてやさしくて、よいお店だった(^人^)
e0138350_20111664.jpg
そして帰り際、チップの支払いにまごつく私たち。
なかなかスマートに渡せるようにならない老夫婦。
e0138350_20110355.jpg
住所:19-3972 Old Volcano Road, Volcano
TEL:080-967-8526
営業時間:7:30~21:00(日~16:00、月~17:00)
定休日:無

ひー、長い1日だった。
そして絶景な1日、いい1日。

幸せな気分で眠りにつきます(*´ェ`*)

[PR]

by dorae-42 | 2017-10-30 20:29 |  ┗ Hawaii Island | Comments(0)