Cairnsは今日も平和です

駐車場に娘ちゃんのビーチサンダルを忘れてもうて。

気づいたのは次の目的地で車を降りようとしたとき。
「ビーチサンダルが片方ない!」と騒ぎ出した。

娘ちゃん、明々後日で4歳になる。

最近は、車に乗るときは自分でドアを開けて、自分でよじのぼり、自分で座る。
「車に乗るときは靴を脱いでね」と言ってあるので、
(前のシートを蹴られて汚されるのがすごくいや)
靴を脱ぐ習慣もついている。

座る前にビーサンを脱いで(足を振って、飛ばすように脱ぐ)、
片方が車の外に飛び出し、
母はそれに気づかずベルトとドアをしめ、出発。

といういきさつである。

一瞬、すぐに戻ろうかとも思ったけど、
15分ほどドライブせねばならぬ。

ビーチサンダルはもうボロボロのヨレヨレ。

まぁ、なくなったらなくなってたでいいや、と
あれこれ用事を済ませて、
ふりだしに戻ったのはかれこれ4時間以上たってから。
e0138350_21480559.jpg
1ミリたりとも動かぬまま、ビーチサンダルはそこにあった。

ヨレヨレのビーサンが片方だけ、なんて、
だれも取ったりしないし、わざわざゴミ箱に捨てるでもないだろう。
可能性があるとしたらせいぜい、いたずら半分に蹴っ飛ばされたりくらいか!?

なので、別にあったからといって「治安がいいわ〜」と言う訳でもないんだけど、
(いや、実際Cairns(ケアンズ)は、治安はいいほうだけど)
それでも、ピンクの小さなものを、朝停めていた駐車スペースに見つけたとき、

「平和だなー」
「Cairns、いいとこだなー」

となんだかほっこりした気持ちになりました(‐^▽^‐)

Cairnsいいところといえば、
こちらは木曜日の夕暮れどきのThe Esplanade(エスプラネード)。
e0138350_21480536.jpg
e0138350_21480588.jpg
こういうの、何色っていうんだろうね。

満月がポッカリ。潮はドン引き。
このくらいの時間帯のThe Esplanade大好きです。

たとえ嫌なことがあっても、ここで夕暮れを過ごすと、

「今日もいい1日だった」

と思えてくるから不思議。

「癒し」とかいうと、ちょっと安っぽく聞こえちゃうかもしれないけど、
Cairnsはやっぱり、そんな場所なんだな、と思います。

個人的に、ハイ。

[PR]

by dorae-42 | 2017-06-10 22:05 | Cairns | Comments(0)