日本里帰り2014(10)和歌山・高野山 奥之院(お地蔵さん)

☆2014年5-6月の振り返り日記です☆

<関西旅行6日目続き・その1>

奥之院にてワタシが心を奪われたもの、それは

お地蔵さん。

いーっぱいいます。
そんな、奥之院のお地蔵さんを紹介します。
(いっぱい撮ったので、先日の奥之院日記とは別にした)
(つか、ここにも全部載せきれてない)
(どんだけお地蔵さんばっか撮ってたんだ、って話です)

ちっちゃいとよくわかんないかな?と思って、いつもより写真も大きめでお送りします。

お墓の数と同じくらいいたのではなかろうかというお地蔵さん。
大きさは大小様々、団体さんがいたり、ひとりでポツンといたり、
お家に入っているもの、木によりかかっているもの、キリッとしたお顔、やさしいお顔…。
ひとつひとつぜんぶ違って、気分は金子みすゞです。

みんなちがって、みんないい(号泣←してない。なんで嘘書くの)
e0138350_15592402.jpg
e0138350_16002632.jpg
e0138350_16002697.jpg
だれかに似てる気がするんだけど、だれかわからない。
見栄晴くんかなー?
e0138350_16002787.jpg
木の根元に、お地蔵さんに見立てた石。これはシビレました。
e0138350_16002676.jpg
おじいちゃんぽい。可愛い。
e0138350_15593352.jpg
お坊さん度の高いお地蔵さん。
e0138350_16002501.jpg
こちらの方々も木の根元に。
e0138350_16002536.jpg
やだ…これ、好き♡
e0138350_16002532.jpg
木と一体化しつつあるお地蔵さん。
苔といい、埋まり具合といい、たまらない。絶句。ガン見。
e0138350_16002623.jpg
頭巾と…前掛け?ネックレス?は手編みかな?
e0138350_16002660.jpg
ハンチング!おしゃれ!
e0138350_16002673.jpg
双子さんかしら。前掛けがいっぱいで顔が埋まりつつある。
e0138350_16013395.jpg
おめかしさん♡心なしかうれしそうに見える(*´ェ`*)
e0138350_16013445.jpg
人気エリアなのかな?前掛けいっぱい!
e0138350_16013461.jpg
e0138350_16013406.jpg
e0138350_16013477.jpg
これは双子ちゃんだよね。でも左は少し大人っぽい?姉妹とかかなー。
e0138350_16013429.jpg
アンパンマンとかドラえもんとか、現代風。
e0138350_16013578.jpg
e0138350_16013501.jpg
ふぅ……(満足)。

「どんな人が、この前掛けをしてあげたのかな」「どんな思いがあるのかな」とか、
そんなことに思いを巡らせてるだけで、1日なんてあっという間にすぎてしまいそう。

そういえば、お地蔵さんお地蔵さんというけど、お地蔵さんってそもそもなに?
と、グーグル先生に聞いてみた。

本名は「地蔵菩薩」というそーです。

“菩薩は如来に次ぐ存在です。現在仏様と言われる釈迦如来が入滅して、未来仏とされる弥勒菩薩が悟りを開き如来となって人々を救済するまで56億7千万年という時間がかかると言われていますがその間、この世に如来が存在しないことになります。

それまでの間、地蔵菩薩が世界の人々を苦しみから救ってくださると言われています。

地蔵菩薩は、状況によって色々なものに姿を変え、八面六臂(はちめんろっぴ 多方面で目覚ましい力を発揮すること)の大活躍をすると言われています。

やさしい顔立ちのお地蔵さんですが、その内面も慈悲深く肝要で、妊婦の安産を守護すると言う「子安地蔵」、災難にあった人の苦しみを地蔵菩薩が身代わりになって引き受けてくれる「身代わり地蔵」や、集落や村の境界や道の辻を守る「道祖神」としても知られています。

こういった側面から人々は、長寿息災、子育て、五穀豊穣、戦に勝つなど様々なことをお願いするようになりました。”


へー。

なんとなーく「ありがたい存在」としか認識してなかったけど。
なんとなくどころじゃないありがたさ。

「可愛い」とか言っちゃ失礼だったかな。
でも、本音です。慈しみの心が湧いてきて、やさしい気持ちになれます。

そんな気持ちを、ありがとう。

[PR]

by dorae-42 | 2016-09-11 20:42 | 旅行(日本) | Comments(0)