妊娠34週~38週

妊娠&出産、結婚の記録を残すことについての私の気持ちはコチラ

==================================

<5月16日>
午前中にケアンズベースホスピタルの先生の検診。
やることは、いつもGPでやってるのと同じ
・問診
・体重、お腹の大きさ(子宮の一番上から恥骨のとこまでをタテに測る)チェック
・赤ちゃんの心音チェック

「帝王切開だからあんまり関係ないけど、ちゃんと頭が下にあるよ(逆子じゃない)」
と言われて、なんかうれしい(´∀`)

あとは、手術当日何時に病院に来るのか、
手術の手順や手術後の様子等が書かれた冊子、
手術前に使う用の石けん、
妊娠36週以降の妊婦全員に配られるという「入院のてびき」みたいな冊子をもらい、
諸々の説明を受ける。

午後に再びベースホスピタルに戻り、帝王切開の際の下半身麻酔についての説明。
注射後、背中から麻酔の管を通したままにしますよ~とか、
下半身の感覚がなくなるので、麻酔後は尿道カテーテルが入りますよ~とか。

ワタシ、何が怖いってこの「下半身麻酔」が超怖い。
いっそ全身麻酔にしてほしいくらい。
→そうすると赤ん坊が産まれてすぐ抱くことができないと聞き、なんとか思いとどまる。

私、麻酔の「痛くないけどなにかを感じる」というあの感覚がすごいニガテ。
過去、刃物で手を切ったときや、おできの手術のときなんかに
部分麻酔で治療を受けたことがあるんだけど、
痛くないけど……なんかもぞもぞして気持ち悪い!ヤダーーーーーーー!!!という感覚。
うまく説明できないのだが…
それがお腹いっぱいに広がるってことでしょ??????
怖い…怖いよーーーー!!!(/TДT)/
泣かずにがんばれるかしら…ワタシ…。

あと、「下半身麻酔が効かなかった」という話を
友達から→彼女はあまりの痛さに手術中「いっそ殺してー!」と叫んだそう。
雑誌の体験談から→泣き叫び、地獄のような20分だったとか。
とあるブログから→痛さのあまりずっと腰が反っていたそう。
と、3回も聞いたことがあり、そんなことがあるのー?ガクガクブルブルと思っていた。
そのことについて質問すると、
「ケアンズベースホスピタルで、過去にそのような例は1つもない。
切る前に必ず麻酔が効いているか確認し、もし効いていなかったら薬を追加。
それでも効かなかったら、その時点で全身麻酔に切り替えます」
と力強いお答え。

それ以外に聞いた質問は…
下半身麻酔の注射そのものがすごく痛いと聞いたのですが?
「下半身麻酔の注射の前に、周辺に部分麻酔をするので大丈夫です。
その部分麻酔はとても細い針なのでチクッとする程度」
肉付きがいいのですが、ちゃんと骨と骨の間に注射針を入れてもらえるのでしょうか?
「(ひととおり笑いののち)ちょっと背中さわらせてください。
うん、これくらいなら全然大丈夫。とっても簡単に入れられます」
と、全部「ホッ」とするような答えをもらえて大満足。

前の日の夜と当日に飲む胸焼け止めの薬をもらって終了。
そういやなんでか聞かなかったけど、下半身麻酔をすると胸焼けしやすくなるのかな?

↓上が胸焼け止めのお薬で、下が手術前用の石けん。
e0138350_15114123.jpg

このあと、2週間に1回だった検診が、1週間に1回になる。

<5月25日>
5月21日から36週、いよいよ臨月ですー。
お腹はパンパン。ハンプティダンプティ!

臨月に入っての初めての満月。
満月が関係してるのかどうかはわからないけど、
この日の夜は胎動がものすごい激しくて、眠れないほど。

あと、お腹の張りはもともとよく感じてたほうだけど、
張りと言っていいのかどうか、
「いたーーーーーい!」と声が出てしまうほど。
キューッと収縮する感覚のほかに、痛みが追加されたかんじ…。

あと、胸焼けに苦しむ。
特に夜が辛くて、時々眠れず、深夜に牛乳を飲んだりしていました。

↓お友だちにもらって大切にしていた水晶、月光浴させようと外に持ち出したらうっかり落として割れてしまった。大きなふたつと小さな1つ。これって旦那さんと私と赤ん坊かしら?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:なんて思ってしまった。なんか縁起よさそうに感じて、割れてしまったいまも大事にしています。
e0138350_15122038.jpg


<5月28日>
最後の両親学級。
男性向けの妊婦体験(よくある、重いチョッキみたいなのを着るアレです)、
助産婦さんによる超リアルな分娩再現芝居、
病院内見学、出産シーンのスライドショーやDVD上映…と、
毎回楽しく参加させてもらいました。

↓毎回小冊子をもらえる。なんか疑問や不安に思ったことはコレを読んで復習することができたので助かりました(・∀・)
e0138350_15142842.jpg

最後はみんな一品持ち寄りのプチパーティーをしながらの授業でした。
甘い系のものが多い中、イタリア系のカップルが持って来た
野菜スティックコロッケ(冷凍)が大人気でした。
もし今後参加される方がいたら、おかず系、狙い目ですよ~(笑)。
ちなみに、私が作って持って行ったバナナチョコクッキーは出したときとしまうとき、
「あれ?これ、減ってナイんじゃない?」ってくらい同じくらいのボリューム。
超不人気。ちーん( ̄ー ̄;

<5月31日>
GPの定期検診。
5月末までの私の体重増加は5~6kgだったので、
(なぜあいまいかというと、スタート時の正確な体重がわからないので…)
「特に食事制限もしてないのにラッキー☆」と思ってたのに、
この日、体重を測ったら1週間で2kg増えてた。
いちお、「12kgまで太っていいよ」と言われていたし、
ラリアーは日本ほど体重増加に厳しくないので、
こんとき一気に2kg増えたのを見ても先生は
「うふふ~♪」で終わり。

高齢&普段からの運動不足で体力ないほうのチームに属しているし、
いちお、これからちょっとだけ気をつけようかな。ちょっとだけね。

臨月に入ってから、特に夜、
寝ようとすると、前駆陣痛なのかしら?
ギューッと痛くなって、フーッとなんともなくなる…ということが
よく起こるようになりました。
私はいつもお腹の右下(盲腸らへん?)が痛く、
左側を下にして眠ることが多かったです。
たまに下腹全体&腰が痛むこともありました。

日によってあまりない日と、すごく頻繁に起こる日とあって、
痛い→おさまる→ウトウト→痛みで起きる
と繰り返すことも。だいたいが深夜。
あまりの痛みに「これって陣痛が始まってるんじゃないか?」と思ったりもしましたが、
朝方になるとなんともなくなってたり、なにより不規則だったので、
「…違うか」と。にしても痛いぞ。

「うー」とか「いたいー」とか声が出てしまうこともよくあり、
うなりつつも、「でもホントの陣痛はこれの何倍も痛いんだろうなー」と
ホントの陣痛を経験したすべてのお母さんたちを尊敬。

あと、本に書いてあった通り、おりものがふえてきたので、シートを使うように。
たまに「これって破水じゃないよね?」と心配になるときもありました。
破水はドバーッ!と出ることもあれば、ちょろり~と少しずつ出ることもあると聞いたので…。
でも、出たり止まったりを繰り返していたので、これもきっと違うハズと判断。

6月に入り、妊娠38週になると、
前より胸焼けがラクになってきました。うれしい。
それにともない、食欲止まらず。
こないだ1週間で2kg太ったことを思い出しつつも…止まらない。
たまに旦那さんに「あれ?また食べてるの?」って
ビックリされるくらい…食べちゃう…ブヒブヒ。

<6月4日>
同時期に妊娠していた韓国人のお友だちが6月1日に帝王切開で出産。
病院に行く用事もあったので、少し彼女の病室に顔を出す。
お腹切って3日目だけど、けっこう元気そう。
うちも3日目には元気になれるかな。だといいな。

赤ちゃん、ちいちゃくて可愛い!すやすや眠ってて、
彼女曰く「My angel♡」って言ってたけど、本当に天使のよう。
いろいろ帝王切開のことを教えてもらえて、心強かったな。
もっとお話したかったけど、ぐっとこらえて5分ほどで退散。
お互い落ち着いたらゆっくり会おうね~と約束して帰ってきました。

彼女もそうだけど、ケアンズには出産経験者のセンパイがたくさんいて、本当に心強い。
みんなすごく親身にいろいろ教えてくれて、いったいいくつの不安や心配が解決したことか。
そんなたくさんの人達に心から感謝するとともに、
いつか、私のつたない経験がだれかの役に立つ日が来るといいな。

<6月6日>
出産前最後のGPチェック。
問題なにもなし。
体重も先週から増えてなかった。
「ちょっと食事制限しなきゃー」と思いつつ、
実際は気をつけてなかったので、なぜ増えなかったのかはナゾ。

先生に「元気な赤ちゃん産まれるように祈ってるね!」と応援してもらい、
次は出産後1週間くらいしたら赤子と一緒に検診に来ることになるそうです。

そういえば、「妊娠36週で最後のエコー検査をする」と、
出産経験のある複数の方から聞いていたけど、
うちは結局しなかったな。30と33週で撮ったからかな?
ちょっと残念。
次顔見れるのは、産まれるまでのお楽しみってことだな。

この時点で妊娠38週

引き続き、たまに前駆陣痛(と自分では思うけど、実際そうなのかは自信なし)、
手のむくみ&指が曲がらないし曲げると戻らない病(病?)、
たまに胸焼け(引き続き寝るときがヒドくなって、不快だった…)
に悩まされつつ、基本元気。
食欲もあるし、便秘もせず。

なんとなく便秘状態で出産に望む(つっても私の場合は帝王切開ですが…)のが嫌で、
この時期はelevitを飲むのをやめていたのです。
赤子の栄養のためには飲んだほうがいいのかなーと思いつつ、
野菜や果物もけっこう食べるほうだし、きっと大丈夫!という根拠のない判断で。
んで、出てきたらまた飲むの再開しようかなーと思ってました。

あとは…
脚の付け根、恥骨、腰なんかが痛くなるよーと聞いていたし、
本にもそう書いてあったけど、そのへんのトラブルもなし。

この頃の唯一の心配事は…
アタシの胸が一向に大きくならないこと…。
妊娠したらもれなく大きくなるんじゃないの?
中には2~3カップ大きくなったという話も聞いたことあるよ?
旦那さんには「妊娠前よりちっちゃくなったんじゃあ…」と言われる始末。
できれば母乳で育てたいけど…ちゃんとおっぱい出てくれるかしら…(。・ε・。)
[PR]

by dorae-42 | 2013-07-31 15:18 | 国際結婚・妊娠&高齢出産 | Comments(0)