「ほっ」と。キャンペーン

妊娠13週~15週

妊娠&出産、結婚の記録を残すことについての私の気持ちはコチラ

==================================

<12月14日>
本当はこの日、ダウン症検査のエコーの予約をしてあったんだけど、
(12~13週のエコーで、胎児の首の後ろのところが
ポコッとコブのように出てると、ダウン症の可能性が高いそうです)
12日に日本発、13日オーストラリア着の直後では
移動疲れしてるだろうから…と先週キャンセルしていた。
(家から検査する病院までも片道車で1時間くらいかかるところだったし)
実際、疲れて動けず、キャンセルしておいてよかったなーと思った。

しかし後日、この検査は妊娠12~13週でないとできない、と知る。
私も彼もなぜか「12週以降ならいつでもできる」と勘違いしていた。

※「12~13週しかできない」とはお医者さんからの説明。
以前もらったパンフレットには「9~14週にエコーでの検査ができる」と書いてある。
結局、どっちが正しいのかはナゾ。

この時点で彼のほうは、
「なにか異常が見つかってもおろさないって決めたんだから、
検査する意味ない。だからちょうどよかったんじゃない?」
私のほうは、
「おろさないって決めたけど、もし事前に異常がわかれば、
いろいろ勉強もできるから、できることなら知っておきたい」
と意見が分かれていた。

<12月15日>
結婚式。
つっても、彼の実家で、彼の家族&親戚だけの小さな式。
しかし、結婚を決めてから1か月半で結婚式とは、なんたるスピード。
お料理はシェフをしている彼のいとこと彼のママが。
ケーキやブーケも彼ママの手作り…と、
小さいながらもあったかい式にしてもらって、幸せ。ありがたいです。

この時点で妊娠13週。

キャンプ旅行が終了、
新しい環境にも少し慣れてきて、
2週間の日本滞在と
なんだかんだいっても人生の一大イベントである結婚式を終え、
ホッとしたのか…この日を境に、
私のつわりはとんでもなくヒドイことになってしまった。

とにかく食欲がなくて、食べられるものも限られていて、
その食べられるものも急にコロッと変わる。
昨日まで食べられたのに…なぜ!!!(号泣)みたいな。

比較的よく食べてたのが
ピンクグレープフルーツ(ルビーグレープフルーツというのかな?)
(これがまた、フツーの黄色いのじゃヤだった。なんたるワガママ!)と
グレープフルーツジュース。

しばらくしたら、グレープフルーツの酸で胃をやられてしまったのか、
ものすごい胃痛に苦しむ→グレープフルーツをやめて少ししたら治った。

ネクタリンという桃みたいな果物、ぶどう、いちごもよく食べてた。
キャンプ中によく食べてたりんごはこの頃は受け付けず。

引き続きポテトチップスと、
↓SHAPESというスナック菓子のピザ味。いちお、ノンフライ。
e0138350_1673197.jpg

あと、そうめん、蒸しジャガイモとにんじんと
日本から持って来た、おとん特製のしょうがの梅酢漬け。
e0138350_2255037.jpg

口の中がサッパリして、これには本当にお世話になった。
あっという間に食べきってしまったので、
以前、ケアンズで知り合った地元が一緒のお友だちが
「3月にケアンズに遊びに行く~」というので
「おとんから漬け物を受け取ってもってきてー!!」と頼んだほど(笑)。
(↑お互いの実家が徒歩10分くらいの距離で、お父さん同士も知り合いという近さなので…)

でもって、ガンガン吐く。
なにをしたから…なにを食べたから…何時ころ…という法則なく、
なんの前触れもなくいきなり吐いてしまう。
お腹の中が空っぽで、なにも吐くものがないときも胃液を吐いてました。
でも、吐くと少しだけラクになるので、
ガマンせず、吐き気がしたらすぐ吐くようにしてた。

でもって、1日中、車(船)酔いor二日酔い状態も続き、
特に車の揺れに敏感で、車に乗るのがスゴイ嫌だった…。

なぜか、情緒不安定にもなり、
「世界でワタシが一番不幸…」くらいの勢いだった。
ブルーマウンテンズは夏だというのに寒くて、
「なんでこんなに寒いの…」と言っては泣き、
昼間動かずぐったりベッドに横になってることが多いから、
寝付きが悪く、眠りが浅い日が多くなり、
「眠れない…」と言っては泣き、
旦那さんが炊いてくれたお米が、お水が多くて少し柔らかいだけで
「こ…米がまずい…ヨヨヨ…」とかって泣いてた(笑)。
いま思い返すと「バカじゃないの!?」ってかんじだけど、
その当時は真剣。

でも、中には水分も食事も全く受け付けられなくなって、
脱水症状になって入院してしまう人もいるとか。
「重傷妊娠悪阻(おそ)」っていうんだって。
そう思うとまだマシなほうだったのかな?

本とかインターネットを見るとつわりが納まる時期は
「12週ころ」とか「遅くとも16週ころ」とあったので、
「もうすぐ…もうすぐ終わる…」と毎日期待しながら眠り、
朝気持ち悪さで目覚めて
「まだ私のつわりは終わってない…。もう一生終わらないかも…」
と、それでまたブルーになったりしてましたが、
結局、1月中旬(妊娠18~19週)くらいから段々よくなってきて、
2月頭(妊娠20週)にはすっかりなくなりました。
なんだかんだ、つわり期間中で、体重が4kg減った。
それでまた心配になる。「体重減っても赤子に栄養行ってんのかな…」とか。

しかし、つわりが軽くなってくると軽くなってきたで、
「赤ちゃん死んじゃったのかな?」と心配になったりしたりもしてました…。
結局、心配性のアタシにとって、
心配の種はそこかしこに転がりまくっているというワケである( ̄ー ̄;
[PR]

by dorae-42 | 2013-07-16 16:08 | 国際結婚・妊娠&高齢出産 | Comments(0)