アボリジニといえばジャプカイ

アボリジニ=原住民。
白人が来るうんと前からオーストラリア大陸に住んでいた人たち。

というくらいの認識しかなく、オーストラリアに来たワタシ。
彼らの文化や伝統や芸術などへの造詣はないに等しい感じです。

でもって、ケアンズに住むようになって、
彼らへの第一印象は、「こ…怖い……(iДi)」でした。
昼間っから飲んだくれて、急に大きい声を出して騒いだり、
真っ赤に充血した目でにらまれたり…。

通っていた語学学校の先生(カナダ人)に、
「アボリジニには近付いてはいけない。目を合わせてもいけない。
彼らの前で笑ってはいけない。
なぜなら、私の友人が彼らの前で全く関係ないことで笑っただけなのに、
「自分たちを笑い者にしただろう!」と殴られたことがある。
彼らの近くでカメラを出してはいけない。
例え違う物を撮影していたとしても
「自分たちを撮っているんだろう!」とからまれる」
と真剣に注意されたことがあります。

そこまでは大袈裟かもしれないけど、
実際、フツーに歩いていただけでグーで叩かれたこともあるし、
車上荒らしにあって、財布やiPhoneなどを盗られたこともある。
(走り去って行く犯人を見ている。追っかけたけど見失いましたが…)
(あと、車上荒らしに関してはあまり治安のよくない場所で車内のよく見える場所にカバンを置いたままでかけた私の落ち度でもありますが…)

ただ、アボリジニと、
アイランダー(パプアニューギニアあたりから来ている人たち)の違いを
ハッキリとわかっている人はどれくらいの割合でいるのかしら?
黒い肌の人達=アボリジニ、と思ってる人は多いんじゃないかな?
私はなんとなく区別はできるけど、ハッキリとはわからない。

アイランダーの人たちが悪さをしても、
「これだからアボは…」とぜんぶ彼らのせいにされてしまっている…
ような空気を感じたこともなきにしもあらず…。

アボリジニとそれ以外の人達(白人やアジア人などなど)の関係を
きちんと語り、説明できるほどの知識もないけど、
ただ、「アボリジニ=悪」みたいな考えには少し違和感を覚えるのです。
確かにシティにいる彼らはおっかないし、お酒ばっか飲んでるけど、
そうさせてしまったのはだれだろう?とも思ったりするし…。

以前、マランダフォールズでガイドウォークに参加したときの、
ものすごく澄んだ目と誇りを持って自分たちの文化や習慣、知識を教えてくれる
アボリジニガイドと出会って、
「本来のアボリジニって、本当はこういう人たちなんじゃないかな?」
と思ったりしていた。

でもってそれを話すと
「そりゃ、客商売してるアボはそうでしょ。
お金もらえるんだったらいい人にもなるさ」
と言われたことがあるけど、うーん…本当にそうかなぁ???

本来、分類することはあまりよくないことで、
アボリジニの中にいい人もいるし、ダメな人、悪い人もいるっていうのは、
それはもうどの国民でも同じことだろうけど…。

さて、前置き長くなってしまいましたが、
ジャプカイです。
アボリジニのダンスや文化を身近に感じ、体験できるテーマパーク。
ココで働いている彼らを「客商売だから愛想がいい」と思うかどうかは
行った人がそれぞれ感じればいいと思うけど、
少なくともワタシにとっては、
「アボリジニに興味を持ち、来てくれてありがとう」と思ってくれていて、
自分たちのことを伝えることをとてもよろこんでいる、ように感じる。

初めて行ったのはジャプカイ・ナイト。
火熾しの儀式やダンスを見たあと、
バッフェディナーを食べながらダンスショーを見る…
なんつーか…ディナーショー?的な?ものです。

到着するとフェイスペイントをしてくれマス。
ヤだったら断っても大丈夫だけど、
気分が盛り上がるので、せっかくだったらやってもらうのをオススメv(^-^)v

んで、ウェルカムドリンク。
e0138350_16435639.jpg

最初に行くのは「マジックスペース」という場所。
入り口を入って振り返ると、壁には大きな絵が。
この絵、大好き(‐^▽^‐)
e0138350_16442364.jpg
e0138350_16441327.jpg

マジックスペース内の儀式から、
e0138350_16444267.jpg

外に出て輪になって火熾しの儀式に参加。
e0138350_16451341.jpg

ジャプカイ・ナイトは2回行ったことあるんだけど、
2回とも違う内容だった。
特に厳密なスケジュールはなくて、
その日の気分(?)でやってたりすんのかなー。

レストランエリアに移動して…
e0138350_16453555.jpg

バッフェー!イエーイ!(≧▽≦)
e0138350_16473189.jpg
e0138350_164714.jpg
e0138350_16464853.jpg
e0138350_16463474.jpg
e0138350_16461040.jpg
e0138350_1645509.jpg

ジャプカイのバッフェはフツーにおいしいから好き♡
特に白身魚のソテーは柔らかくて美味だよー。

そしてステージではダンスショー。
参加型になっているので、
我こそは!という方、ぜひステージに上がってみてくださいな!
e0138350_16475585.jpg

ジャプカイ・デイはお昼のプログラム。
いろんなアクティビティやショーが行われているので、
入り口でスケジュール表をもらって、
それに合わせて好きなものに参加する~というシステム。

ダンスシアターのショーはそうとうオススメ!
迫力満点だし、ところどころに笑えるポイントもあるの( ´艸`)
e0138350_16484556.jpg
e0138350_16483432.jpg
e0138350_16482116.jpg

私は参加しなかったけど、見てて楽しそう~と思ったブーメラン投げ。
網の中で順番待ちする。
e0138350_1649593.jpg

手取り足取り教えてくれます。
お手本を見せるアボリジニの左手がいい味出してるね。
e0138350_16492345.jpg

ほかにもやり投げや意見やおとぎ話を映像で見られるシアターなど、
いろいろあるみたい。
特になにかに参加しなくても、
ケアンズ郊外の緑豊かな場所にある施設なので、
湖でくつろぐカモとか見てるだけでも癒された
e0138350_1650146.jpg
e0138350_16494944.jpg

お昼もバッフェレストランで。
メニューは夜とほとんど同じ印象でした。
e0138350_16502245.jpg

ちなみに、レストランだけの利用もOKみたいなので、
ちょっとランチにジャプカイ…なんてのもいーかも(°∀°)b

「Boomerang Restaurant」
営業時間:モーニングティー9:00~12:00、ランチ11:30~14:30、アフタヌーンティー12:00~17:00
ランチバッフェ料金:$27.50
(ローカル割引もあるみたいですよ~)

昼でも夜でもどっちでもいいけど…
ケアンズに来られたらぜひ訪れてほしい場所のひとつですv(^-^)v

ツアー申し込み、オススメはHotholidayでーす☆

入り口前の床模様が可愛い。
e0138350_1652334.jpg


e0138350_16522549.jpg

TJAPUKAI Aboriginal Cultural Park
住所:Captain Cook Highway & Cairns Western Arterial Roadの角 Smithfield
営業時間:ジャプカイ・デイ9:00~17:00、ジャプカイ・ナイト19:15~21:45
電話番号:07-4042-9900
定休日:12月25日
[PR]

by dorae-42 | 2012-09-29 16:53 |  ┗ おでかけ | Comments(0)