グリーン島大好き♡<その2>

さて、連載第2回(いつの間に?)の今回は、
ちょっとだけアクティビティの紹介。

【その1】グラスボトムボート

名前の通り、底がガラスになってるボートです。
桟橋から出発して、魚や珊瑚の説明(日本語テープ)を流しながら、
近くの見どころを案内してくれる。
30分くらいかな??(←はかったわけじゃないのであいまい)
e0138350_1510370.jpg
e0138350_1595218.jpg
e0138350_15103210.jpg

珊瑚、魚の群れ、けっこう大きいサイズの魚や時には海ガメも!

後半は、船長さんによる餌付けタイム。
e0138350_15111519.jpg

餌付けといっても、与えすぎないよう、
考えてプログラムされてるんだとか。
どっさり魚が集まってきて迫力満点す。

そのエサを狙って鳥も集まり、
「弱いヤツは食うな!」的な軽いサバイバルが繰り広げられる。
(というほど大袈裟ではない)
e0138350_15123793.jpg

戦いを終えたカモメたちが羽を休める。
(というほど大袈裟でもない)
e0138350_15131662.jpg
e0138350_1513757.jpg


これは、エコアドベンチャーで行くときは
シュノーケルかグラスボトムボートを選べるので、
「どっちがいい?」と聞かれたら「ボート」と答えればOK。
シュノーケルを選んだけどやっぱりボートにも乗りたくなっちゃった…って人は
$18追加で乗ることができます。
ディスカバリーだと選ばなくても、
シュノーケルもグラスボトムボートもできる。
(オマケに海用リックサックもついてくる)

ゆっくり走ったり、止まったり、逆走したり…と
予想不可能な動きのうえ、
ずーっと下を向いていることが多いので、
船に弱い方は酔い止め必須です。
また、たまには遠くを見るとかして、対策を。
よく、後半スッカリ無言になってしまったり、
なにかに耐えるかのように
目と口をギューッとつむってる方も見かけます(笑)←笑い事じゃない。

【その2】シーウォーカー

宇宙に行くときみたいなヘルメットをかぶって、
海底を歩く、アレです。

島内で着替え、注意事項、耳抜きの練習などしたら、
小舟でシーウォーカーの基地(?)まで移動。
まずこれがけっこう楽しい(まぁ、一瞬で着いちゃうんだけど)。
e0138350_1520318.jpg

基地から海中を覗いたところ。
ウジャウジャ魚いるのがわかる∑(゚Д゚)
e0138350_15411595.jpg

んで、はしごをつたって海中へ〜…ドキドキ。
e0138350_15414160.jpg

そりゃもうね、海中はエライこっちゃですよ。
海中っていうか、魚中(うおちゅう)ってかんじです。
ギョギョ!(あー…さかなクンしばらく見てないな…恋しい…さかなクン…)
e0138350_15424355.jpg

インストラクターさんが貝などを近くで見せてくれます。
e0138350_1543835.jpg

歩くときは、みんなで棒につかまって、
それをインストラクターさんがひっぱってくれます。
魚を見るときは、立ちヒザで。
なので、怖くない。ご安心を。

海慣れしてる人やダイビングする人は
「シーウォーカー?どーせへちょいんでしょー」
なんて言いがちですが、
(へちょいとまでは言いませんが、私も実際あんま期待してなかった)

まじ、

ナメたらヤバイす。

ちょーおもしろいΣ(=°ω°=;ノ)ノ

なぜか笑いが止まらない。
そして、魚近すぎ!若干「食われるかも…」と思うほどです。

顔が濡れない!
メガネでもOK!
泳げなくてもお年寄りでも!

といううたい文句をよく聞きますが、

泳げる人もダイバーの方もゼヒ。
おもしろいです。爆笑です。

☆Seawalker@Green Island☆

グリーン島のツアーに申し込んだ際、
「オプション」として付けることもできますし、
シーウォーカーだけに申し込むこともできます。
(その場合、グリーン島までの船は含まれていないので、
別途予約が必要です)

ほかにもダイビング(体験&ファン)や
エステなど、いろいろ揃ってマス。
グリーン島で体験できるアクティビティ一覧をチェックしてみてくださいね。
なにも申し込まずにのんびりしてもいいし、
オプションとしてなにかに参加して、
アクティブに楽しんでもいいし、
どっちでも楽しい1日になると思いマス(‐^▽^‐)
[PR]

by dorae-42 | 2012-09-07 16:36 |  ┗ おでかけ | Comments(0)