「ほっ」と。キャンペーン

日本里帰り2014(12)奈良・吉野山

☆2014年5-6月の振り返り日記です☆

<関西旅行7日目>

バイバイ、和歌山。すっごくいいところだった。
5日間じゃ全然足りないねー。またいつか来たいです。

まずは高野山から和歌山駅まで。レンタカーを返しに行きます。

前々日の雨のせいで、道路が通行止めになってました。
「この地図写真に撮っていきなさい〜」と、
迂回路へ誘導しているおじちゃんがナイスアドバイス。
おかげで迷わずに済んだよ、ありがとう。
e0138350_13081602.jpg
和歌山から奈良(駅周辺)に行くのに、吉野山が若干通り道じゃない?

ほら。
e0138350_12423398.png
つーんで、吉野山経由で奈良(中心地)に行く予定たててたんです(´∀`)

幕末にどっぷりハマッていたころに知った、
「吉野山 風に乱るるもみじ葉は 我が打つ太刀の血煙りとみよ」
という辞世の句。

だれの言葉だか忘れちゃったけど(いま調べたら吉村寅太郎という土佐藩士でした)、
「お〜い!竜馬」のこのシーンでは大号泣(マンガかよっ!)して、
ずっと忘れられない句だったのです。

だから、いつか行ってみたいなーと思っていたの。

とはいえ、吉野山そのものにはピンと来ず、とりあえず
お目当てはケーブルカー(ロープウェイ?)。
吉野駅降りるとすぐある。こじんまりしてて可愛い。
e0138350_13191404.jpg
車両(車両でいいんかな?)も可愛い(*´ェ`*)
桜と、紅葉もかな?で有名なところなんだよね。
このときは6月頭だったので、時期はずれだからか、すいててよかったです。
e0138350_13081679.jpg
新緑モクモク気持ちいい!
e0138350_13081696.jpg
まぁ、でも一瞬でおわっちゃうんだけど(。・ε・。)

お昼はてきとうに目についたお店で。
でも、そんなに選択肢なかった気がする。

普通においしかったよ(・∀・)
e0138350_13081661.jpg
窓が大きくて景色がよかった。
あと、お座敷が広く、かつお昼ちょっとあとくらいの時間だったから、
ほとんどお客さんいなくて、
気を使わなくてよかったのが子持ち的にはありがたかったです。
e0138350_13081609.jpg
『観光旅館 千本桜』(旅館つーくらいだから、宿でもあるのかな?)
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山345
TEL:0746-32-3036

金峯山寺(きんぷぜんじ)の青い仏像さんが見たいね!
と旦那さんと意見が一致したので行ってみることにした。

道中はゆるい坂道。
おみやげ屋さんが出てたり、門?があったり。
緑がいっぱいで石畳で、歩いててとても気持ちよかったよ(^~^)
e0138350_13081631.jpg
e0138350_13085226.jpg
e0138350_13085222.jpg
e0138350_13091473.jpg
なにか視線を感じる…とよく見てみたら、
e0138350_13085261.jpg
子供!(人形ですよ、人形)
ビックリした。
でも靴はナイキ。
e0138350_13085227.jpg
金峯山寺見えてきたー!

修理…。出た、安定の修理運。
e0138350_13091432.jpg
松ちゃんと浜ちゃん。
e0138350_13091510.jpg
e0138350_13091443.jpg
青い仏像さん(金剛蔵王権現立像というらしいす)は
すごい迫力で、見応えあったよー(撮影禁止でした)。
毎年期間限定で見られるみたいなので、せっかく行くならぜひご開帳期間に!

そこ以外もね、広いし景色もいいし、いいところだったよー。
e0138350_13094355.jpg
e0138350_13094366.jpg
e0138350_13094347.jpg
e0138350_13094464.jpg
e0138350_13094412.jpg
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山
TEL:0746-32-8371

この時点でけっこうヘトヘトだったんだけど、
せっかくなので近くにある神社にも寄り道。

こじんまりとした小さな神社。お庭がすっごくよかった!
e0138350_13094438.jpg
e0138350_13094498.jpg
e0138350_13094496.jpg
e0138350_13094407.jpg
鳥居の先は心臓破りの坂ですので、ご注意ください。
e0138350_13094488.jpg
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山579
TEL:0746-32-3024

戻る途中、金峯山寺の裏側?みたいなところに出た。
小さなお稲荷さん発見。
お稲荷さん好きなの(´∀`)お参りしといた。
e0138350_13100218.jpg
e0138350_13100227.jpg
景色はこんな。ホント、いい気持ちだよ〜。
高野山ほどではないかもしれないけど、
吉野山自体もきっとパワーのある場所なはずね。
てか、山はみんなそうかな。
e0138350_13103154.jpg
帰りのロープウェイは行きと違う絵柄だった。ちょっとうれしい(°∀°)b
e0138350_13103141.jpg
ササッと駆け足で見ただけの吉野山ですが、来てよかったです(^人^)
空気もキレイだし、風も気持ちよくて、いいところだったー。

ここでもヒソカにスタンプラリーを楽しんでおりました。
どんだけ好きなのって話です。
e0138350_13104684.jpg
ぜんぜん集まってませんけどね。
e0138350_13104632.jpg
吉野山の日はどこに泊まるか、すごく手こずった覚えが…。

吉野山では、宿がそもそも少なかっただか、高くて予算オーバーで、
かといって、その日は和歌山から移動して来てるから、
奈良市内まで行くのはツラそうだな…と、
パソコンの前であーでもないこーでもないとしてた気がする。

で、結局、予算内で泊まれる、吉野山からいちばん近いところはここしかない、
みたく消去法で選んだ宿(^_^;)

行ってみたら、想像以上に「民家」度が高く、ひるむ。
e0138350_13103230.jpg
e0138350_15444855.jpg
ここで合ってんのかな…でも、営業中って書いてあるし……
えいっ!(ガラガラ〜←ドア開けてる)ごめんくださーい!みたいな。
e0138350_13103196.jpg
玄関先は民家でしたが、2階はちゃんと宿でした(よかった!)。
家族経営?1階がオーナーのお家っぽかったです。

広いし、キレイだし、wifiあるし、テレビも冷蔵庫もあるし!
お風呂、トイレ、洗面所(ぜんぶ共同)もキレイだったよ。
e0138350_13103157.jpg
e0138350_13103184.jpg
タオルと浴衣は、「おばあちゃん家」感溢れるタイプ。
e0138350_13103103.jpg
こんなん、おばあちゃん着てたな〜と、
死んだおばあちゃんを思い出しながら眠りにつきました。
e0138350_13103118.jpg
『松月館』
住所:奈良県吉野郡大淀町下渕172
TEL:090-7364-1862

このとき、和歌山から一旦この宿に来て荷物を置いてそっから吉野山に行ったんだけど、
駅に大きな荷物入れられるコインロッカーあったし、
荷物持ったまま直接吉野山行けばよかった。
宿が意外と最寄り駅から遠くて(徒歩10分くらいかな?)、
荷物と赤子とベビーカーと一緒に歩くのは大変だったし、
(タクシーに乗るほどの距離ではない)
それでちょっと時間(と体力)ロスしてしまったなーというのが反省点でした。

[PR]

# by dorae-42 | 2017-01-04 14:13 | 旅行(日本) | Comments(0)

さようなら2016年

すさまじく放置されている当ブログですが、
決して「ブログやめました」ではありません。

書きたいことがありすぎて破裂してしぼんでいるだけです。
(空気を入れすぎた風船を想像してください)

本日は、諸々の書きたいことは一旦置いといて、
節目ですし、振り返ってみようかなーと思った次第。

毎年思うけど、2016年も一瞬で過ぎ去りました。
神が時間を早送りしているのではないかとヒッソリ思っています。

今年いちばんの大きな変化は、2月から仕事始めました(°∀°)b
だいたい週2回くらいのペースで働かせてもらってます。

「娘ちゃんが3歳になるころ(6月)にはお仕事始められたらな〜」などと思っていたんだけど、
ご縁があり、いいお話をいただいたので、挑戦してみることにしました。
毎回ドキドキしたり、失敗して落ち込んだりすることもありますが、
職場の方にも恵まれて、楽しくお勤めさせてもらってます(^~^)

あとは、5〜6月に日本、10月にインドネシア(バリ島&ジャワ島)
と1年で2回も旅行に行けました。
どちらもとっても楽しかった!いい思い出できました。
(帰国後はいつもにも増して極貧でヒーヒーですけど)

11月には、予想外の引越しをしなければならずパニックになっておりました。
インドネシア旅行中に、お家の水道管が破裂して、家中水浸し。
大掛かりな修理が必要となり、もう住めなくなってしまったのです。
大変だったけど、新しいお家&住んでる場所もとっても気に入っているので、
いまはハッピーです(^∇^)

大きな出来事はそれくらいかな?

あとは…ちょっと暗い話題だけど…

4月に、お姉さんのように親しくしていた方の訃報が届き、不安定になったりもしました。
なにをしていてもふいに涙が溢れてきて、どうしていいかわからない日々。
思い切って、(勝手に)慕わせてもらっているKさんに胸の内を打ち明けたら、

「いまは、悲しみに溺れているんだね」

と言われ、そのひとことがストンと腑に落ちてきて、
「そうか、自分はいま『溺れて』いるんだ」と、
自分の感情に名前がついただけで、ずいぶんと救われました。

いまでも、まだ完全には元どおりというわけにはいかないんだけど、
(ついおとついも、彼女に少しだけ雰囲気が似ている女性を見かけて、
思わず声をかけそうになり、彼女なわけがないという事実に涙が溢れてきました)
元どおりにはなれないか。それに、なる必要もないのか。

今年ではないんだけど、2012年6月の死も、しかり。

それは、いまでも仲間たちを苦しめているという事実を改めてつきつけられた11月。
やるせなさとか、くやしさとか、いたたまれなさとか、もちろん悲しみ、怒り。
いろんな感情がどわーっと、押し寄せてきて、これまた溺れる私。

両方とも、こういうことは、日にち薬といいますか、
ムリに忘れようとしたりせず、少しずつ消化していけたらと思っています。
ここでいう「消化する」の意味は、「なかったことにする」ではなくて、
「それも含めて自分の一部として持ち歩く覚悟」のようなものかな?と思っています。

楽しいことも、悲しいことも、なんだか振り幅が大きかった1年だったなーと感じるわー。

あとは、毎日同じことの繰り返しだけど、
そういうことを「幸せ」と感じて生活していました。

旦那さんも、娘ちゃんも、私も、元気で、よく食べ、よく眠り、よく笑い、
大きな怪我や病気もせずに1年を過ごせたことを、本当に感謝しています。
(しかし、ここ年の瀬に来て、おっかあ再びのぎっくり腰してますけどね)

まわりの方々にもたくさん助けていただいた1年でもあります。
(今年だけじゃないけど。いつもだけど)
みなさん、本当にありがとう。

そういや、年越しそばも、おせちもなにも用意していない、と、
今日なぜか急にアセッて、アジアンスーパーマーケットで日本の食材を買い出し、
夜は和食にしてみました。
e0138350_21584725.jpg
そして気づく、これはただの和食で、
大晦日感も、お正月感も、そのどちらもないということに…。

いいんです。おいしくできたし。
久しぶりに食べたこんにゃくおいしかったし。
あと、切り餅も買ったんで、明日焼いて食べます。
それで我が家の正月は終わりです。

来年の手帳とカレンダーは購入済み。
e0138350_21584738.jpg
カレンダーは$2の安モン。いいの。予定が書ければいいの。
手帳はDAISOで。¥100じゃないけど。いいの。
スケジュール帳じゃなくて、ただのノートにしました。
書きたい日だけ書けばいいやと思って(笑)。

2017年はどんなことが書き込まれていく1年なのかな。わくわく。

我が家に関わってくれたすべての人にありがとう。
来年も親子3人、よろしくお願いします。

みなさま、よいお年を〜!(´∀`)

[PR]

# by dorae-42 | 2016-12-31 22:55 | つぶやき | Comments(0)

日本里帰り2014(11)和歌山・高野山うろうろ

☆2014年5-6月の振り返り日記です☆

<関西旅行6日目続き・その2>

午後は、高野山の名所をうろうろするよ。

刈萱堂(かるかやどう)。
宿泊していた密厳院のすぐ隣にあった。
色がキレイだねーと、ちょこっと記念写真だけ。
e0138350_12583734.jpg
つか、インフォメーション載せるのにインターネット見てみたら、
刈萱堂の本院が密厳院だったみたい(^_^;) シラナカッター。

刈萱堂
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山478
TEL:0736-56-2202

ここは…なにかわかってないけど、趣がある建物だなーと思って撮った(^▽^;)
刈萱堂のすぐそばにあったよ。
e0138350_12583803.jpg
金剛峰寺(こんごうぶじ)。
高野山真言宗の総本山だそうです。
中を見学できるとのことで、それをすごく楽しみにしていたお寺。

門からしてすでに素敵。
e0138350_12583828.jpg
蒼いもみじ好きなの(^~^)ちょっとだけ朱がまじっているのもこれまたいいね。
e0138350_12583879.jpg
主殿。はしごつき。屋根の修理でもしてたんかな。
e0138350_12583818.jpg
これは…なんかよくわからないけど、建ってるものを手当たり次第撮影してた(笑)。
e0138350_12583830.jpg
e0138350_12583851.jpg
中に入ったよー!一休さんがぞうきんがけしてそうな廊下。
e0138350_12590878.jpg
こういうの、なんだっけ?枯山水でいいんでしょーか?
足跡つけないように、どうやって描いてんの?スタートとゴールはどこ?とか、
そういうどーでもいいことを考えながら見る邪道派です。
e0138350_12590893.jpg
途中の大広間でお茶をいただいたよ。
e0138350_12590830.jpg
すっごい広くて気持ちいー!端から端までゴロゴロ転げ回りたい衝動を必死でこらえる。
e0138350_12590850.jpg
いちばん楽しかったのは台所!
博物館とかでも、台所の展示にいちばん盛り上がるタイプです。
e0138350_12590897.jpg
わ〜、おしんぽい〜。
こういうとこで炊いた米はおいしいんだろうなー。
e0138350_12590851.jpg
これは「ネズミ落とし」という、ネズミが入ってこれないように工夫した食料棚だって。
屋根の下に紙が貼ってあって、これがあるおかげで、
ネズミが棚のところに飛び降りることができないという仕組みだそうだ。
へー!( ゚ロ゚)
e0138350_14282666.jpg
撮影禁止のところが多かったので、あっという間に終わってるっぽいですが、
ほかにも、ふすま絵とかすごい見応えあるものがいっぱいで、けっこう時間たってます。
でも、時間かけて見る価値あると思う〜(^_^)

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132
TEL:0736-56-2011
料金:建物内の見学¥500

そのまま、すぐそばにある壇上伽藍(だんじょうがらん)へ。

壇上伽藍へ続く「蛇腹道」という小道。
こんなのスキー(´∀`)
e0138350_12593761.jpg
中は、いろんな建物(建物て)が点々としてて、1コ1コ見て回るのが楽しかった。
e0138350_12593754.jpg
e0138350_11475251.jpg
e0138350_12593867.jpg
e0138350_12593841.jpg
e0138350_12593879.jpg
e0138350_12593819.jpg
これは、三鈷の松というらしー。
「松の葉は普通2葉か5はなんだけど、三鈷の松は3葉です」という説明書きを見て
葉っぱを拾ってみたらホントに3つだった!
(おお〜!と思って写真を撮ったはずなんだけど見当たらず。無念)
e0138350_12593878.jpg
神社なのかな?唐突に現れてビックリ。
(しかし、人がいるのにフツーに撮ってる自分のザツさにビックリしています、いま)
e0138350_12595583.jpg
大塔の鐘。つきがいがありそうな鐘です。
e0138350_12595586.jpg
壇上伽藍の目玉?なのかな?根本大塔。
中は見学できます。ギラッギラですごい!(撮影禁止だった)
圧倒されて、ドキドキです。こちらも見る価値あり!
e0138350_13002037.jpg
もうひとつ、「金堂」というのも見どころのひとつらしいのですが、
なんの記憶もなければ、写真も残っていないという。
工事中かなんかだったのかな?

『壇上伽藍』
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132
TEL:0736-56-3215
料金:根本大塔内の見学¥200

ふぅ…。

朝の奥之院から歩き通しの我が家ですけど、
結局3か所しか見れなかった。
1コ1コにボリュームがありすぎるんだもんヽ(+∇+)ノ
2泊あれば十分かな〜なんて思ってたけど、全然足りなかった。
「高野山の基本のき〜!」くらいの観光しかできなかったけど、
それでも大満足です。
想像以上にいいところだった、高野山。
もっと年寄りになってから、また来てみたいなー。
このときとはまた違った見方が出来て、また新鮮に楽しめそう!

表紙が可愛くて手に取り「集めるぞー!」と張り切ったスタンプラリーも、
e0138350_13002018.jpg
結果1コだけだったっつーね…(T▽T;)
e0138350_13002097.jpg
この2泊、ワタシたちは密厳院に滞在しました。
高野山の真ん中らへんにあるし、素泊まりできるし、
お値段もそこまでお高くないし〜という感じで決めたけど、正解でした(°∀°)b

「11か月の子供がいるんですけど大丈夫ですか」と相談したら、
「予約の状況にもよりますが、できるだけお気を遣わないでいただけるお部屋にしますね」
と、お隣に他の宿泊者の方がいないお部屋を使わせていただいて、
リラックスできてよかったです。
(泣き声で迷惑かけたらやだなーと思っていた)

朝のお勤めも「赤ちゃんの様子を見てご自由に退室してもらってけっこうですよ」
と言っていただけたので、娘ちゃんがジッと静かにしている間だけでも参加できて、
うれしかったです(^_^)

お風呂も広くて清潔でした。
毎日ちがう香りの入浴剤が入ってて、「これ、お坊さんが準備してくれてんだな〜」と思うと、
なんだかほほえましかったです。

入り口(右端に写ってるのは我が家と和歌山を共にしたレンタカー)。
e0138350_13002089.jpg
寝室と居間?と別れているお部屋だったよー。
e0138350_13003277.jpg
e0138350_13003215.jpg
e0138350_13002060.jpg
密厳院
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山479
TEL:0736-56-2202

明日は奈良に移動するよー。

[PR]

# by dorae-42 | 2016-09-16 15:30 | 旅行(日本) | Comments(0)